アウトドアで使ってほしい「電気不要のエスプレッソマシン」

ここでは、キャンプ好きの人を僕なりに2種類に定義させてください。

1つ目は、「非日常の中で盛り上がりたい派」、そして2つ目は「行くたびに姿を変える自然を楽しみたい派」です。

この「Newton Espresso」は、ぜひとも後者に紹介したい商品。

一期一会の味を楽しむための
「エスプレッソマシン」

F403335739339948b2ffa55b0e7e9ee9ee0b5774

これは一切電気を使わないでエスプレッソを抽出できるマシン。オレンジ色の部分にコーヒーを詰めて、お湯を注いで、レバーを下ろすだけ。

つまり、細かく挽かれた豆を自分でタンピングする工程も、お湯を入れてエスプレッソを抽出する作業も、すべて自分でやるということ。

190dd60f0ee2d64f9b2c7190f603e7c487dcea8f

毎回同じ味を作るのは、バリスタでさえも至難の業と言われています。おそらく、出来上がったモノは顕著に味が異なるでしょう。だけど、定期的に飲むとしたらデメリットになりうるポイントを言い換えるならば、一期一会の味を楽しむことができるということ。

これが「行くたびに姿を変える自然を楽しみたい派」の考えにマッチしてると思うんです。

954f51a911a9a93a741c79092898300d7abd9c1d

山や川などの自然の中でおこなうキャンプには、不確定要素がたくさん。雨が降ったり、急に気温が下がったり。だけど、いきなり雲が晴れ、大きな虹がかかることもあるからこそ、多くの人を魅了するのかもしれません。

きっと「Newton Espresso」からは、そんな”奇跡”が味わえることでしょう。コーヒー豆を挽ける道具と熱いお湯さえあれば…。

Dfe123aee0c502630707826cac88053cae41cf18984742213b3df6ce7f1bc40e790d119e9ab77749
Licensed material used with permission by Newton Espresso
サイズは175 x 70 x 60mmと小柄。重さも360gと手軽。筒型なのでカバンにもスポッ。バラすとこんな感じ。使い方もカンタン。エスプレッソ用に挽い...
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプレッソが...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
コーヒー好きなあなたに質問です。あなたが朝飲むのはブラックコーヒー?エスプレッソ?それともカフェラテ?米メディア「Elite Daily」で紹介されていた...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
都会の生活に疲れたので、自然に癒されたい。とは言っても、普段の便利な生活に慣れすぎているから、完全なアウトドアはそれはそれでハードルが高い。そんなわがまま...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...