ボックスやスタンドがついた、進化系「まな板」

料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べない部分が混ざってしまったり、なかなかうまくいかない、なんて人もいるでしょう。

そんなストレスをすべて解消してくれる「キッチンの強い味方」、ありました。

まな板に
ボックスつけちゃいました

コンセプトはシンプル。「まな板にボックスをつけました」。それだけです。でもこのシンプルな工夫が、さまざまなデザイン賞を受賞し、シェフをはじめとした食の専門家たちからも高く評価されているんです。

まな板の下には、ふたつのボックスを取り付けることができ、片方に切り終わった食材を入れ、もう片方にを食べない部分を入れていきます。食材をどんどんボックスに入れていけば常にまな板を広く使うこともできるし、ヘタの部分が混ざってしまう、といったミスもありません。

取り外しも楽々
iPadが置けるスペースも!

ボックスの取り外しはとっても簡単で、切り終わったらさっと取り外して、フライパンや鍋に移せます。そのままボウル代わりにも使えたりと、可能性はあなた次第。

さらにまな板の上部には、よく使うハーブやスパイスなどを入れておくスペースも。また、ここに同梱の専用スタンドを取り付ければ、タブレットを置くことができるので、レシピを調べながら料理する人にとっては、とっても便利。

まな板本体は
選べる木材5種類

もちろん、まな板本体にもこだわりあり。色や木目、硬さの異なる5種類の木から選べます。

ちなみに、包丁が鋭ければ鋭いほど、その切れ味を保つためまな板は柔らかいものを使ったほうがいいと言われています。ラインナップの中では、竹、クルミ、カシ、カエデ、ブナの順に柔らかくなるため、一度自宅の包丁と相談するといいかも。

いつも料理をしてくれる
あの人へのプレゼントにも

このまな板は、現在「Kickstarter」で支援を募集中。スペアのボックスや、ボックスのフタなどをオプションでつけることも可能です。ブナのまな板を使った一番シンプルなセットは、129ドル(約14,500円)。まな板としては高級ですが、毎日の料理がぐっと効率的になることを考えれば、ちょっと頑張って購入してみたいところ。

いつも料理をしてくれている、両親やパートナーへのプレゼントにもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by FRANKFURTER BRETT
他の記事を見る
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
木製台所用品のお手入れ法を紹介します。
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
“日本一のしゃけ”を気軽にしゃけ料理専門の立ち飲みスタンドしゃけスタンド〒168-0063 東京都杉並区和泉1-3-15http://shake-koji...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
海外ブロガーの間で火がついた「スキレットブレット」が、日本でもちょっとしたブームに。ちぎりパンの進化系ともいえるこのパンは、特別なスキルがなくてもあっとい...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「This Book is a Planetarium」は、タイトルを直訳すると「この本はプラネタリウム」。中はかなり趣向を凝らしたつくりとなっていて、「...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...