そのネーミングセンスに嫉妬すら覚えてしまう「卵料理」

静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきたもの。口の中でとろける食感が絶妙。その名の通り、本当にふわふわなんです。

江戸時代から食されてきた
伝統的な卵料理だった

55d794cabdbb15e10f9d82f18b61632dde9246be

江戸時代、袋井は旧東海道、五十三次の宿場町の1つでした。そんな袋井のお宿で出されていた料理のなかでも「たまごふわふわ」は、豪商や上級武士だけが食べられる高級料理だったそうです。江戸時代の料理本を元に再現された、名物料理として今では袋井市民のソウルフードとして親しまれているんだとか。

以下は一人用の鍋でつくるレシピです。お鍋のサイズに応じて分量はアレンジしてOK。鼻を抜けるだし汁のいい香りに、とろけるような食感をどうぞ!

〈材料〉

・卵:3個
・みりん:大さじ1/2
・青ネギ(小口切り):適量

・A 白だし:大さじ3
・A 薄口しょうゆ:小さじ2
・A 水:600ml
・A 塩:小さじ1/4

〈つくり方〉

お鍋にAを入れてまぜ、大さじ2だけ別の器に取ってからフタをして中火で熱しだし汁をつくります。ボウルに卵、みりんとともに、取っておいた大さじ2のだし汁を入れ、クリーム状になるまでハンドミキサー、もしくは泡立て器で混ぜます。

そうしている間にお鍋からいい匂いが。煮立ったら火を止めて、混ぜ合わせた卵液を、鍋肌から一気に加えてフタをします。できるだけ素早く!それを1分蒸してからフタを開け、青ネギを散らせば完成。

〈要注意!〉

沸騰した状態で卵液を入れると、たまごがふわふわに仕上がってくれません。そこで、必ず火を止めて沸騰がおさまってから入れるようにしましょう。

春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
エッグベネディクトにエッグスラット、卵を使った料理が次から次に登場するけれど、この“変わり目玉焼き”もかなりのクセモノ。昨春、彗星のごとくInstagra...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...