これは、ノストラダムスが残した「甘すぎる予言」だ

人類の滅亡を予言した(と解釈される)ノストラダムス。この預言者には、医師としての顔もあったことを知っていますか?医師として彼が書いた本のなかに、ビックリするようなタイトルのものがありました。『化粧品とジャム論』。ノストラダムスさん、何が狙いだったんでしょう。

「糖分は体にいい」を具現化した
ノストラダムス極上のスイーツ

ノストラダムスは、フランス王室出入りの権威ある医師でした。医者としての立場から、健康に対する砂糖の有益さを世に広く説くために上梓した本、それが『化粧品とジャム論』だったようです。

体に利点があると信じる砂糖を用いたおいしいレシピを紹介するうえで、ノストラダムスが考案した(とされる)スイーツがあります。洋ナシをシロップに漬け、何日もかけてシロップを冷ましてはまた煮るを繰り返す、といったじつに手間のかかるもの。おそらく現代のコンポートよりも味の染み込んだ、甘〜いスイーツだったことでしょう。

こうしてできあがった「極上の糖果(とノストラダムスは表現する)」は、フランス皇太子への献上品にもなっていたんだそうですよ。あ、写真はあくまでイメージですけど。

ほかにも数種類のジャムばかりか、美容ローションのつくり方まで提案していたというノストラダムス。じつは、かなり女子力たかめのオジさんだったのかもしれませんね。

話題のスーパーフードだってことはわかっていても、どう食べていいかまではよくわからない。ということで、チアシードを使ったジャムのご紹介。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
三重県鈴鹿市の養鶏農家「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
ノストラダムスの予言やマリア像が血の涙を流すとか、本当ともウソともつかない現象が世の中にあふれています。もしかしたら、これもそういった部類のものかもしれま...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
「株式会社 悟空のきもちTHE LABO」は、昨年10月に花びらに吹きかけ長持ちを助ける「園芸用花びら液」を発売。成分そのままに化粧品登録をおこない、化粧...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
おうちカフェにもおすすめ。こんな時だからこそ楽しみたい、人気のお取り寄せスイーツを「バターサンド」、「チョコテリーヌ 」、「ヴィーガンスイーツ」、「クッキ...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
ヨーグルトにかけたり、紅茶に入れたり、あるいはサイダーで割ったりと、いろんな楽しみ方ができるジンジャーシロップを自宅でつくっちゃいましょう!
静岡の洋菓子店「Poco a Poco(ポコアポコ)」が作る、まるでマニキュアのようなデザインの小瓶に豊かな香りのこだわりジャムを詰めた「極上の香るジャム...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
フワフワもちもちの食感に、バナナの風味がやさしく香る蒸しケーキ。東南アジアのねっとりした暑さの中を旅していると、あの上品な甘さが恋しくなるんですよね。「上...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。