進化するドレッシング。「かける」から「削る」へ

ここ最近、スーパーを散策していておもしろいのはドレッシング売り場、と感じる料理(好き)男子です。バラエティはさることながら、粉末タイプ、スプレータイプと、従来のボトル詰めリキッドだけでなく、これまで以上にバリエーション豊富なことに驚かされます。

ところが、ドレッシングの可能性はそんなものじゃなかった!

必要な分だけ「削って」のせる
固形タイプのドレッシング

もう見たままですが、エンピツ削りのように削りくずをサラダの上にのせて使用する「KURÉDORÉ」は、南仏生まれの固形タイプのドレッシング。

粉末ドレもそうですが、野菜にかけたときの香り立ちがリキッドタイプのそれとは違います。それよりもこちら。野菜をはじめ食材の上で垂れていかないという点が最大のポイント。

よくパーティーシーンでサラダを取ったあと、べっちょりお皿にドレッシングが残ることがあります。かけ過ぎって話もありますけど、このドレッシングの海に別の料理を盛ることだけは避けたい。でも、いちいちお皿を取り替えるのも手間。みたいなことってあると思うのです。

そこで、さっとKURÉDORÉを削る。

試験管のような専用容器もおもしろい。

地中海沿岸に自生するカロブという豆科の木の種子から抽出される「ローカストビーンガム」と、海藻を原料とした寒天のようなゼリーの素「アガー」。これらを加えることでゼリーよせならぬ、ドレッシングの固形化を実現したんだそう。

熱が加わることで次第に溶けていく性質を利用すれば、グリル料理やスープのトッピングとしても風味のいいアクセントになるというから、汎用はかなり高いとみました。

パリでブームの兆しあり!

バジル、シトロンコンフィ、ニンニクとうがらしの3本に専用削り器がセットになった上記のパッケージは4,860円(税込)と少々値が張るように思えますが、1本で約120削り分ということを考えれば、コスパは決して悪くない。携行性もあるしアウトドアユースにも向いていそう。

なにより今後フレーバーが一気に増えそうだし、近い将来、陳列棚に新たな削り系ドレッシングが拡充する。そんな可能性すら覚えてしまいます。ちなみに、もうパリではブームの兆しアリだそうですよ。

先取りしたい人はこちらから。

Reference: Makuake
Top image: © Makuake
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
鍋の具材に、炒め物に、ナムルに、フォーのトッピングに。大活躍の「もやし」ですが、意外にありそうでないのが、もやしのサラダ使いでは?ここに紹介するのは、南米...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
通販でしか買えない上に、紹介者がいないと購入できないーーと聞くと、どうしても敷居の高さを感じちゃいますが、それでも注文する人が絶えず、その味は文句なしに絶...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...