金属加工の匠がつくる「15分以上回るコマ」の秘密

随分きれいだなー、と見とれてしまった金属製のコマがある。手に取ろうとしたら、バチっ!と指が弾かれて驚いてしまった。

回転してることに気づけないほど静かに、じっとまわっていたのだ。

とくにこの『still-gray』に注目。YouTubeには、15分以上回り続ける様子が投稿されている。ちなみに、このコマの見どころは、長時間回るところだけではない。見ているだけで心地良い。

調べると、2013年に開催された、第2回全日本製造業コマ大戦(大人がプロの技術を使って戦う喧嘩コマの大会)の優勝作『ZION』のDNAを受け継いでいるものだとわかった。

そんな百戦錬磨をイメージするような屈強さは感じず、むしろ洗練されているのだが。

つくり手は、航空機部品の金属加工などを40年以上行ってきた町工場。有限会社シオンが新しく立ち上げたブランドだ。

同ブランドにはコマ以外にも様々な製品がある。

どれも見ていて感じる気持ちよさや、触れたくなる感情を考えてつくられている。質感に見とれたり、使っているときの状態に快感を覚える。

NEIGHBORは隣人という意味だ。隣の人にあげたときに喜んでもらえるもの、という気持ちが背景にある。

野花や実の付いた小枝を飾れる

一見何かわからないステンレス削り出しの製品
蓋をかぶせていると灰皿に見えない

ケースだけで特別感が出る

カバーを閉めるときにスーッと空圧を感じる
その密閉感が気持ち良い

マグネット付きの画鋲
写真、ポストカード、名刺などに穴を開けずに飾れる

『ZION』や『still-gray』の開発者であり、有限会社シオン代表の山田 健(やまだ たけし)さんにお話を聞いた。

 

山田「ぼくらのような業界は受託仕事が基本です。例えば、図面が来たら、その通りつくるだけ。設計しているわけではなく、その通り削る技術があるだけ。だから、大手の下請けである中小企業が自社製品をつくるケースは少ない。でも、職人が持つものづくりへの欲求はとても強い」

 

有限会社シオンは、全社員デザイナー化を目指しているという。デザイナーを呼んで定期的に講習会を開いているそうだ。

デザイン、設計、試作、量産までを社内で完結させてものづくりをしている企業はなかなかない、と山田さん。

 

山田「つくりたいという気持ちや、加工技術は持っていても、デザインの技術はなかったんです。パッケージやシールはどうすればいいのか?どんなお店に置けばいいのか?値段設定は?そういったハードルも多く、なかなかできなかった。やりたいと思っている職人がほとんどだと思いますが、デザインセンスがないといけません。世の中に必要なものは、もうすでに溢れているわけですから」

 

始めたばかりの頃は、社員が良いと思ったものや機能優先のもの、こんなものがあったらすごいだろう、という意識でつくられるものも多かったという。

それが、徐々に使い手の感性に届くようになってきた。

0.01ミリを追いかける世界の技術者が、心地良いものづくりとはなんだろう?と真剣に考えぬいた末にたどり着いた結果のひとつが、NEIGHBOR & CRAFTSMANの15分以上回り続けるコマだった。

ついうっとりと見とれてしまうあの心地良さは、時間が経ってもなかなか頭から離れない。

Licensed material used with permission by NEIGHBOR & CRAFTSMAN
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...
99.99%が空気。と言われているこちらの素材は、ボーイング社によって開発された科学史上最強・最軽量の金属製構造物のひとつ。タンポポの綿に乗せても潰れない...
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
金属加工の街、新潟・燕三条の「T-BASE(外山製作所)」が2017年より開発を進めてきた原付専用のバイクトレーラー「Piccolo」がよいよデビュー。
岐阜県郡上市の有機JAS菌床キノコメーカー「株式会社ハルカインターナショナル」では、コロナウイルス対策の緊急事態宣言地域に在住する「岐阜県出身者の若年者」...
大阪の町工場「藤田金属」とデザイン事務所「TENT」がコラボ。“つくるとたべるをひとつにする”をコンセプトに、お皿になるフライパン「ジュウ」を発売中。
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
ショルダーバッグのようなBBQコンロ「GoBQ Grills」。ガラス繊維生地にシリコンコーティングを施した、耐火・耐熱性のある特殊生地で、直接炭火を乗せ...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
日本でも展開して欲しいと願いたくなる魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...