ハム、ベーコン、ソーセージの発ガン性リスクについて、WHOが調査した結果・・・

ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあったようだ。この報道に、加工肉を愛する欧米諸国のメディアは、悲壮感にも近いコメントを寄せている。

 タバコと同じレベルの発ガン性?

9768140 (1)

「アメリカ人のベーコンへの執着は、想像以上に不健康なのかもしれない」Washington Post「アメリカ人にとって、最悪なニュース」National Public Radio「専門家は、ベーコンが喫煙と同じ脅威だと主張している」The Telegraph「ベーコンラバーの皆さん、パニックになる必要はない」Slon.com「加工肉がガンを引き起こす。WHOの発表にTwitterが炎上中。『なあ、ベーコン。どうしたっていうんだ?』」RT

「発ガン性が十分に認められ、大腸ガンのリスクも懸念する必要がある」。WHOの外部組織「国際ガン研究機関(IARC)」が公表した調査結果は、一夜にして世界に衝撃を走らせた。

加工肉が喫煙による危険性と同じ“ステージ1”に指定されたからだ。さらには、牛、豚、羊、クジラなど赤肉にも、「発ガン性の恐れがある」として“ステージ2”に。

そもそも、WHOが定義している加工肉とは、製品として風味を高め、長期保存を可能にするために、加塩、硬化、発酵、燻製あるいは、他のプロセスを介して処理された肉のこと。言わずもがなベーコンだけにあらず。ハム、ソーセージ、コンビーフ、ビーフジャーキー、さらにはミートソースなど肉を含んだソース類。どれも、日頃から日本の食卓にもあがる慣れ親しんだ食品だ。

毎日50gで18%のリスク増
食べ過ぎには注意が必要

293771135

IARCの専門家らによると、加工肉を毎日食べ続けた場合、50グラムごとに大腸ガンのリスクが18%上昇していくと結論づけた。

「加工肉の消費が少なければ、大腸ガン発症のリスクも小さなものですが、消費量によってその危険性は高まっていきます」

調査にあたった研究員Krut Straif氏のコメントを掲載した「The Gurdian」。加工肉や赤肉の多量摂取が、大腸ガン発症の原因となっていることを説いてきたオックスフォード大学の免疫学者、Tim Key教授の研究を引き合いに出して、過度な消費を見直すべきとの姿勢をとった。

WHOも、「加工肉を消費する多くの人々のためにも、発ガンのリスクに関する報告は、公衆衛生上からも重要なものだと考えている」との見解を公示。いっぽうで、肉類を食べることによる健康上のメリットにも触れている。

 早くもベーコンに変わる
代用食材の話題まで

_000014307156_Medium

年間一人あたり平均8.1キロを食す、ベーコン大好きアメリカ人。今回の結果に悲観的な報道も見られるものの、メディア「UPROXX」には、すでにこんな対策案が登場している。

「ベーコンを食べないという選択肢の方が懸命なのかもしれない。でも、大丈夫。最近発見されて話題となっているベーコン味の海藻(ダルス)で代用すれば、ヘルシーだし、この先いくらでもBLTサンドを楽しむことができる」

もちろん、これらは国外の事情。日本人の一般的な消費レベルでは、何も不安がることはないはず。ただし、何事もほどほどに。それが健康的な食習慣のベースなのだから。

Reference:WHO , The Gardian ,UPROXX

 

9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
ハムとベーコンの違いをご存知ですか?あなたは、それぞれの特性を活かした料理に活用していることでしょう。しかし、実際には何が違うのかをご存知の人は少ないかも...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
今年11月から宮崎県川南町の「ふるさと納税」の返礼品として登場したのが、ブランドポーク「みやび豚」の骨付き肉を贅沢に使用した「プレミアム骨付きハム」。半身...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
「かぼちゃ」じゃなくて「メロン」でできたジャック・オー・ランタンがおいしそう!ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」から、マスクメロン...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売とな...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。