このベーコン、麹生まれ……「植物肉」の新たな選択肢

見るからにジューシーなこちらのベーコン。

今すぐ食べたい!と思った方も、お肉控えてるからやめておこう……と感じた方も、ビックリするご準備を

なぜならこのベーコン、原材料は豚ではなく……

© primeroots/Instagram

味噌や酒、醤油などに使われるスーパーフード「」だから。

麹は、うま味成分とタンパク質、食物繊維を豊富に含み、発酵させると肉の繊維のような食感になるんだそう。って、知ってた?

その可能性に注目したのが、「妥協しない植物肉」の開発を目指す米・加工食品メーカー「Prime Roots」だった。

創業者のKimberlie Le氏が植物肉を試した際に、食感や味わいが満足のいくものではないと感じた経験から、同社は限りなく自然に近い植物性食品作りに挑戦している。

そのこだわりは、口にした時の風味だけでなく、加工過程にも活かされているようだ。

独自開発の植物油こんにゃくなどを混ぜ合わせて“豚バラ肉”のブロックを作ったのち、燻製し、手作業で切り分けるというように、過度に加工することなく従来のベーコン作りに近い方法をとっている。

© primeroots/Instagram

味付きベーコンのラインナップは、ヒッコリー、シラチャー、メープル、ブラックペッパーの4種類で、朝ごはんから晩酌まで楽しめそう。

現在はアメリカ限定で販売中だが、公式Instagramによると、今後世界中への展開を目指しているようだ。

ヴィーガン対応で、グルテンフリー、ソイフリー。なのに味わいはベーコンと遜色ないと好評の「麹ベーコン」、ぜひ試してみたい!

© primeroots/Instagram
Top image: © 2021 Prime Roots. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事