ニューヨークでも公立学校で「加工肉」を禁止

9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。

この取り組みは、ブルックリン区の首長であるエリック・L・アダムスと、市議会議員のフェルナンド・カブレラらの主導によって進められたもの。

加工肉については、2015年に世界保健機関(WHO)によって「発がん性」が指摘されており、そういった「健康への悪影響」などを理由に、2018年3月に議会へ意見書を提出、審議を開始していた。

同様の法律は、すでにカリフォルニア州サンタバーバラの統一学区で採用されており、今回のニューヨーク市による「禁止」はそれに次いで実施されることとなる。

Top image: © iStock.com/SolStock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...