9月20日、気候変動デモに行くNY市の公立学校の生徒は“欠席扱い”にならない

9月20日、世界中の都市で大規模な「気候変動デモ」がおこなわれた。

デモに先だって、ニューヨークの教育委員会は「ニューヨーク市の公立学校では、9月20日の気候変動デモに参加する生徒を“欠席扱い”にしない」という決定を発表した。

そればかりか、同委員会は「生徒たちが社会問題について声をあげることは素晴らしいことで、デモに参加するという“アクション”を起こすことによって、世界をよりよくできるということを示して欲しい」と激励。

この状況を日本に置き換えてみたらどうだろうか?デモや政治的な集会に参加する学生の数は決して多くなく、また、教育委員会という公的機関が学生のデモへの参加を後押しするケースは非常に珍しいといえる。

ニューヨークと日本、どちらが進んでいて、どちらが遅れているという話ではないが、国によってデモに対する認識やイメージが異なることをよく表したトピックだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。