CG加工一切なし!人間の眼球を撮影したら、とんでもないことになっていた

「瞳に吸い込まれる」という表現がありますが、まさにその言葉の通り!でした。もちろん、CG加工一切なし。人体の不思議をアナタの目で確かめてください。

これが、眼科医しか
見えなかった世界

88

87

89

91

86

92

100

103

107

540

人間の目。そこに極限まで近づいていくと、驚くほどに繊細!火山の火口のようにも、月のクレーターのようにも、プラズマ波の中をワープしていくSF映画のような世界でした。

茶色の人もいれば青みがかった人もいますが、よく言う“黒目”の部分、ここは 虹彩(こうさい)と呼ばれ、その中心(正確にはその奥)に水晶体へと続く瞳孔があります。目の色のバリエーションは、この虹彩のメラニン色素の割合によって変化します。円形の薄い虹彩には筋肉繊維があり、瞳の大きさや目に入ってくる光の量を調節する役目も果たす場所。

小惑星?瞳の奥は
神秘的な構造だった

スクリーンショット 2015-09-10 14.04.07

アルメニアの物理学教授Suren Manvelyan氏 は、授業の一環として、マイクロスコープを使った人間の目の接写を実施。同僚や学生たちの目に極限まで近づいたところ、まるでどこか別の小惑星の表面を写しとったようなイメージを見ることに。

「これまでにも昆虫や植物の接写をすることはありましたが、まさか、人間の目がこんなにも複雑で神秘的な構造になっていたとは考えもしませんでした」まるでどこか小惑星の表面のように見えたから」

毎日、無数の人々の目を見ながらコミュニケーションをする私たち。でも、これほどまでに、幻想的な瞳の正体を知っている人は少ないはず。「撮影方法は企業秘密なんだ」誰も目にしたことのなかったマクロの世界を表現した、Manvelyan氏は「Daily Mail Online」にこう語った

動物たちはどんな目?

82

では、生き物の瞳の奥はどんなことになっているのでしょう?クイズ形式で紹介していきます。

①熱帯の川や沼に潜む獰猛なあの生き物。水晶体の穴が縦に細いのが特徴的。

78

②こちらは、人間と深い関わり合いのある動物。優しい目をしています。上空から撮影した、米・グランドキャニオンの水源レイク・パウエルのように見えなくもない!?

84

③青みがかった目が特徴的な動物。ペットにしている人もいますね。上空から台風の目を捉えたようにも見えるし、雪化粧した富士山火口のようにも。

では、答え合わせを。
①ワニ
②ウマ
③シベリアンハスキー

まさに、吸い込まれそうな瞳の奥!アナタもこんな目で画面を観ているんですよ。

 Reference:Daily Mail Online
Licensed material used with permission by Suren Manvelyan

ヨガのポージングをカメラを使わないで撮影したアーティストのRobとNick。彼らの作品は、一般的な写真からは感じ取れない神秘的なものを表現しています。ここ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...