ゆで卵好きのあの子に贈りたい「卵置き」

ほぼ毎日、オフィスのキッチンでゆで卵を作り、それをおやつに食べる。自他共に認めるゆで卵好きの女の子が同僚にいます。その子がもうすぐお誕生日なので、こういうエッグカップをプレゼントしようと企んでいるんです。

ラマに恐竜、王様のイス(たぶん、人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のやつ)、正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じ。でも、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりしません?

セラミックスだから重厚感もあるし、万が一ゆで卵に飽きちゃっても、アクセサリーなど小物入れとしても使えそう。お値段もそれなりで送料込み約1800円。

FIREBOXには他にもくだらない雑貨がたくさんあるので、気になる人はチェックしてみて!

©Firebox
©Firebox
©Firebox
Top image: © Firebox
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
「Biopack」は、誰もが簡単にゴミの排出量の削減をできるように設計されたパッケージです。ギリシャ生まれのデザイナーGeorge Bosnasさんが手が...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。誰もが気になるこの...