スマホを見ないだけで奨学金!?ノルウェーの学生向けアプリ

今、北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリ。仕組みはシンプルで、これを起動させてから20分間スマホをいじらなければポイントがもらえるというものになっています。

正直、すでに聞いたことがあるような内容ですよね。それでも人気を集めている理由は、稼いだポイントでコーヒーやお菓子をもらえるから。リアルなご褒美を受け取れるところが、そんじょそこらのアプリと違うわけです。

こんなことができるのも、コカ・コーラやマイクロソフト、ダンスケ銀行(デンマーク最大の銀行)の協力を得ているから。どのくらいのポイントが必要かまでは明記されていませんが、アプリを使い続ければ、先の銀行から奨学金が給付されるチャンスもあるそうです。スゴイ!

今のところ対象となっているのは、ノルウェーとスウェーデン、イギリスの学生のみ。自分が大学に通っているときにダウンロードできたら、絶対に使ってたな〜。

Reference: Hold
Top image: © iStock.com/FocusStocker
他の記事を見る
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
世界中のいたるところで建築デザインを手がけている「Snøhetta(スノヘッタ)」が2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...