ノルウェーの温かみある「漁業者のため」の施設

オスロとニューヨークに拠点を置き、世界中のいたるところで建築デザインを手がけている設計事務所「Snøhetta(スノヘッタ)」。

彼らが2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「Holmen Industrial Area」。場所はベステローデン諸島というエリア。ここには養殖業や水産加工業を担うビジネスを展開する企業などのオフィスが4つ入っています。また、従業員が寝泊まりができる場所も設置。

カラフルって表現するほど種類は使われていませんが、「Holmen Industrial Area」の建物に取り入れられた温かみのある色が印象的。それでいて、建物の造り自体は無機質で、どこかノルウェーの厳しい寒さともマッチしています。

©Ketil Jacobsen
©Stephen Citrone
©Ketil Jacobsen
©Stephen Citrone
Top image: © Stephen Citrone
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。