ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

ノルウェーを代表する景勝と言えば、豊かな大自然にオーロラ、U字谷に海水が入り込んでできたフィヨルド地帯。スポットライトが当てられるのはだいたい峡湾だけれど、このニュースが飛び込んできてからは、それが一転。

今は「ノルウェーの海」に、期待が高まっているんです。

“海底世界”へようこそ

2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海底レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンクリートで覆われた設計になっている。手がけたのは、国立オペラ・バレエ劇場などで世界建築賞を受賞した「Snøhetta(スノヘッタ)」。

シャンパンバーも併設された3階建てで、予定されている収容人員は100人前後。実現すれば世界最大規模だ!

照明をあえて暗めの深い青と緑に統一しているのは、海底と中和する色を全面に使うことで、海の生き物の住処を壊したり、邪魔にならないように。

位置するのは、ノルウェー最南端の岬「Lindesnes(リンネスネス)」

ノルウェーの大西洋には、たくさんのクジラとイルカが生息しているから、ホエールウォッチングを申し込まなくても、運が良ければ急接近できるかも。

海底に足を踏み入れれば、人間はあくまで「お客さん」。彼らの生活を乱すことなく、お邪魔させてもらうというスタンスなのだ。 

上から見ると、こんなふうに地上からスコープを差し込んでいるようで、独特なフォルムになっている。

環境には優しくね
「海洋生物の研究所」だもの

営業時間外は、海洋生物の研究センターとして利用するそう。外壁は、二枚貝や珊瑚が付着できるコンクリート材を採用していて、海のみなさんの新しい住処としても提供。海のクリーンシステムを、手助けしてくれる。

1年中海面の温度がほとんど変わらないことを利用し、室内に熱を送ったり、冷却するヒートポンプの技術も利用するみたい。

地球に優しく、持続的なエネルギー開発の最先端をゆくノルウェーでの挑戦だから、これからの<エンターテイメント商業>としても、新たなモデルになってくれるだろうと期待されている。オープン2年前にして、世界中のメディアに注目されている、第2の理由がこれだ。

しばらくは予約殺到だろうし、2020年を過ぎないと実際に行くのは厳しいと思うけれど、人生で1回はここでシーフードを食べてみたい。

Photos byMIR and Snøhetta
Licensed material used with permission by Snøhetta
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
機能が限られている楽器には可能性が詰まっている。世界の魅力的な機械を紹介します。
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...