ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

ノルウェーを代表する景勝と言えば、豊かな大自然にオーロラ、U字谷に海水が入り込んでできたフィヨルド地帯。スポットライトが当てられるのはだいたい峡湾だけれど、このニュースが飛び込んできてからは、それが一転。

今は「ノルウェーの海」に、期待が高まっているんです。

“海底世界”へようこそ

2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海底レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンクリートで覆われた設計になっている。手がけたのは、国立オペラ・バレエ劇場などで世界建築賞を受賞した「Snøhetta(スノヘッタ)」。

シャンパンバーも併設された3階建てで、予定されている収容人員は100人前後。実現すれば世界最大規模だ!

ノルウェーの「海底レストラン」

照明をあえて暗めの深い青と緑に統一しているのは、海底と中和する色を全面に使うことで、海の生き物の住処を壊したり、邪魔にならないように。

位置するのは、ノルウェー最南端の岬「Lindesnes(リンネスネス)」

ノルウェーの大西洋には、たくさんのクジラとイルカが生息しているから、ホエールウォッチングを申し込まなくても、運が良ければ急接近できるかも。

海底に足を踏み入れれば、人間はあくまで「お客さん」。彼らの生活を乱すことなく、お邪魔させてもらうというスタンスなのだ。 

ノルウェーの「海底レストラン」ノルウェーの「海底レストラン」

上から見ると、こんなふうに地上からスコープを差し込んでいるようで、独特なフォルムになっている。

環境には優しくね
「海洋生物の研究所」だもの

営業時間外は、海洋生物の研究センターとして利用するそう。外壁は、二枚貝や珊瑚が付着できるコンクリート材を採用していて、海のみなさんの新しい住処としても提供。海のクリーンシステムを、手助けしてくれる。

1年中海面の温度がほとんど変わらないことを利用し、室内に熱を送ったり、冷却するヒートポンプの技術も利用するみたい。

地球に優しく、持続的なエネルギー開発の最先端をゆくノルウェーでの挑戦だから、これからの<エンターテイメント商業>としても、新たなモデルになってくれるだろうと期待されている。オープン2年前にして、世界中のメディアに注目されている、第2の理由がこれだ。

ノルウェーの「海底レストラン」

しばらくは予約殺到だろうし、2020年を過ぎないと実際に行くのは厳しいと思うけれど、人生で1回はここでシーフードを食べてみたい。

Photos byMIR and Snøhetta
Licensed material used with permission by Snøhetta

関連する記事

ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
世界中のいたるところで建築デザインを手がけている「Snøhetta(スノヘッタ)」が2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
ノルウェーの建築事務所「Snøhetta」が手掛けた東京初のレストラン「Tokyo Burnside」が、原宿にオープン。タッグを組んだのは、ニューヨーク...
もうひとつの宇宙とも呼ばれる「深海の世界」に、海底版「国際宇宙ステーション」を建設するプロジェクトが持ち上がっている。潜水技術者のファビアン・クストー氏と...
山口県宇部市に誕生する「maison owl(メゾン・アウル)」は、シェフの隠れ家にゲストを招き、素材を感じるフレンチを振る舞う洞窟のようなレストラン。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
パリの副市長であるChristophe Najdovski氏は、2030年までに市内へのガソリン車の乗り入れを全面禁止する計画を明らかにした。パリ市議会で...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
ギリシャのリゾートCosta Navarinoにあるレストラン「Barbouni」。ここの天井は、波のようで美しいと話題になるほど特徴的。一度は訪れてみたい!
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
世界の頂点に立った有名レストラン「ノーマ」の元シェフが手掛ける、まったく新しいノンアルコールドリンク「NON」の日本発売が決定。
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
ニューヨークに新たにオープンしたレストラン「Frevo」が“隠れ家”みたいだと話題になっている。ロケーションは、マンハッタンのグリニチ・ビレッジ。住所が示...
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ノルウェー北部のアン島に、ホエールウォッチング専用の施設が誕生する。「The Whale」と名付けられたこの建築物は、雄大な自然と一体化し、貴重な体験をよ...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
この秋、ハワイで人気の「THE PIG & THE LADY」が日本初の店舗を恵比寿にオープン。地元民や観光客から絶大な支持を集め、“ハワイでもっとも人気...
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
宮沢賢治の代表作『注文の多い料理店』の物語に入り込み、世界観に浸りながら西会津料理を楽しむ、体験型シアター&レストラン企画。
ボードゲームに関するユニークなレポートがノルウェー「ベルゲン大学」から発表。ノルウェー西部に位置する墓地から、西暦300年ごろに遊ばれていたと推測されるボ...
新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。