「支払いはお気持ちで」。お店ではなく、利用客が料理の値段を決める店。

Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money Box.(座って、食べて、楽しもう。ハッピーになって、お腹が膨れたら、その気持ちを魔法の箱に)。

オーストラリア・メルボルンにあるアボッツフォード修道院には、レストランカフェが併設されています。上の文言は、その店内にあったブラックボードに書かれていたメッセージ。そこでは、飲んだり食べたりしたものに対して、自分で値段を決めて支払うんです。

中は、ビュッフェになっていて、お皿に好きなだけ料理を盛って食べられます。食後には「コーヒーはいかが?」なんて、スタッフが気さくに話しかけてきたり。

生演奏もしばしば。

メルボルン近郊やシドニーなどに6店舗を構える「Lentil as Anything」。働いているのはボランティアの従業員たち。珍しさに驚いたと同時に、いくら払うべきかを考えさせられた場所でした。

そして、最近はこういったドネーションレストランと同じ仕組みを導入したお店が増えているそうなんです。

支払いの値段を
自分で決める店

ノース・ロンドンにあるフレンチレストラン「Just Around The Corner」のオーナー、ミカエル・ヴァソス氏は、値段のないレストランをすでに4店舗展開。テレグラフにこうコメントしています。

「良いサービスと良い料理で迎えれば、みんなたくさんチップを置いていってくれるものです。だから、食べた人にその価値をぜんぶ決めてもらうことにしました。これまで上手くいったのは、良い仕事をし続けてきたからこそ。そう確信しています」。

心ない支払いには、
どう対応するの?

ヴァソス氏はその他にも4店舗、値段が固定されたレストランを経営していますが、値段のないレストランのほうが、10%ほど高い利益を出していました。

なかには、あんまりな支払いをする人もいますが、こんな対応をしているのだとか。

「そういうときは、受け取らずにお金をお返ししています。そうすれば、次に来る時にはもっと必要だということに気づけるでしょう」。

彼によると、値段が固定されているレストランで250ポンド程度支払っている人々が、このお店では600ポンド支払うこともあるそう。釣り合いがとれているのかもしれません。

同じくロンドンにあるレストラン「MJU」のセールスディレクターは、昨年45ポンドの料理に対して支払われた金額が平均20ポンドでしたが、結果的には利益に繋がったとコメントしています。

クレームが出ない

利用する側にしてみると、料理を頼む際に見ているのは、値段と内容。そこからどんなモノが、いくらで味わえるのかを想像します。美味しければ感動するし、反対にガッカリすることもあるでしょう。サービスが良ければ、また訪れたいという気持ちにさせられるかもしれません。

しかし、このシステムは、食事の後に自分でその価値を判断する仕組み。考えてみれば、食べた料理、受けたサービス、そこで食事をした体験、どの価値も人それぞれバラバラ。期待の度合いもまったく同じというわけにはいきません。だからなのかはわかりませんが、この仕組ではクレームが発生しないんですって。

自分が体験した食事の価値は
いくらだろう?

自分の感動や、目の前にあるモノの価値を金額に換算する機会って、なかなかありません。投げ銭やチップ制度にも似ていて、応援するようにお金を支払う感覚と似ているでしょうか。

ときおり申し訳なくなるくらい安い値段で、素晴らしい料理やサービスを受けることがあります。そういう時に感じた感謝の気持ちがお金として伝わり、お店を支えているのでしょうね。

他の記事を見る
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
「良い店とは、味ではない、女の子を落とせる雰囲気だ!」という遊び心溢れたコンセプトのデート指南書&レストランガイド『東京いい店やれる店』。下世話なネタをウ...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
残念ながらベルリンでしか使えません、この「DiscoEat」は。だけど、同じようなレストラン予約サイトが日本でローンチされたら、結構人気が出ると思います。...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
オーストラリア・メルボルンは、カフェの街とも言われるくらいコーヒー好きに愛されるおしゃれなお店がたくさんありますが、ちょっと不安になるようなビジュアルイン...
カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本がある。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...