トラットリア・タヴェルナ・リストランテ。知っておきたいイタリア料理店の種類

女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのではないでしょうか。どこに行こうかとお店を検索していると、イタリアンには「リストランテ」や「トラットリア」という言葉が入っていることが多いことにふと気付いた人も多いはず。それぞれに違いはあるのでしょうか?

違いがわかる?イタリア料理店の種類

イタリア料理を出すお店の主な種類には、以下のようなものがあります。下にいくほど、カジュアルになります。

Ristorante(リストランテ)──いわゆるレストラン。一般的にフォーマルで、予約が必要な店が多いが、クオリティは店によって様々。

Trattoria(トラットリア)──主に地方の伝統料理や大衆料理を提供する。地方の食材を使った創作料理を提供している店も。

Taverna(タヴェルナ)──トラットリアとそれほど違いはないが、店がこぢんまりしていて、内装もよりシンプルな印象。

いずれの店も、アンティパスト(前菜)、プリモピアット(第一の皿:パスタ・スープ・リゾット)、セコンドピアット(第二の皿:肉または魚料理)、コントルノ(付け合わせの野菜)、ドルチェが提供されます。

ところで、この中に肝心のピッツァが入ってないと思われるかもしれませんが、ピッツァが提供されるのは「Pizzeria(ピッツェリア)」です。イタリアには「トラットリア」と「ピッツェリア」との両方が看板に掲げられているお店もたくさんあり、このようなお店では料理の選択肢が増えるというわけです。
しかし、日本では、名前に「トラットリア」と付いていても、実際は高級店であることもしばしばみられます。このように、必ずしも名前からお店の雰囲気が判断できるわけではないため、インターネットで下調べしておくといいかも。

デートでレストランを使い分ける

デート別にレストランを使い分けられたなら、きっと「デキる人」と好印象を与えられるかも。参考程度にいかがでしょう。

・最初のデートでは「トラットリア」

1回目のデートからいきなり高級なレストランに行くと、女性は内心「この人高級志向なのかな」と一線を引かれてしまう場合があります。最初のデートは。一般的なレストランの印象があるトラットリアがおすすめ。肩のこらない雰囲気の方が会話もはずむでしょう?

・2回目のデートは「タヴェルナ」

店がこぢんまりしている印象があるタヴェルナは、シンプルかつ個性的でユニークな外装・内装のレストランが多いです。1回目のデートでイタリアンが好きということが彼女に伝わっているので、2回目にタヴェルナに行くとイタリアンが好きな彼から「イタリアンに詳しい彼」という印象にきっと変わるはず。

・3回目のデートで初めて「リストランテ」

3回目のデートは、落ち着いた大人の雰囲気が漂うリストランテに誘いましょう。そろそろ「お付き合いを」と女性が考えるのもこの頃では?1~2回目のデートで楽しかったという気持ちがあるから、3回目のデートにつながるチャンス。その3回目のデートに高級感のあるイタリアンレストランをチョイスすることで、女性に好印象をもってもらえそう。

行くお店によってドレスコードは変たほうがいい?

「どんな服装でお店に行けばいいのかな」と悩んでしまう方も多いと思います。お店別にドレスコードを見ていきましょう。あくまで参考程度に。

トラットリアは一般的な印象の強いレストランですが、ダメージ加工がほどこしてあるジーンズや、軽装は避けましょう。イメージは「オフィスカジュアル」で。

タヴェルナは気軽に行くというイメージがありますが、こちらも軽装は避けた方が無難です。シンプルな内装や外装のお店が多いので、できるだけ服装もシンプルに合わせるとお店の雰囲気とマッチするはず。

リストランテは高級な雰囲気が漂うレストランなので、「フォーマル」な服装にしましょう。カジュアルな服装はお店の雰囲気と合わない可能性があります。ジャケットをはおるとフォーマル感がでます。

事前に行くお店の雰囲気を調べて、ドレスコードを使い分けましょう。
もちろん、トラットリアと名のつくお店でもデート向きのお店はたくさんあります。イタリアンのお店を選ぶ際は名前だけに惑わされることなく、雰囲気を重視するようにし、彼女の好きそうなお店かどうかをチェックしましょう。TPOに合ったオシャレをして、デートを楽しんで。もちろん、それなりのお店に行く時にはきちんとしたマナーを身につけておくこともお忘れなく!

イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込んだだけのこの料理。そんな無造作ななかにも「家族の愛」が込められています。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
イタリアの夏に欠かせない「ジェラート」。これを旅行者が失敗せずに本物の味に出会うためには、何に注意しなければいけないのか。本当においしいジェラートにありつ...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
リッチなレストランで食事をするよりも、人気のデートスポットに行くよりも、他のどんなデートプランよりも一番ステキなのは「2人で料理を作ること」。そう主張する...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
2017年10月1日、自由が丘にオープンしたチャルダ専門店『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐か...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...