Google翻訳で誤発注。15000個の卵を前にノルウェー五輪代表チームは…。

盛り上がりをみせる平昌(ピョンチャン)オリンピックの舞台裏で、こんなハプニングがありました。ノルウェー代表選手たちの胃袋を支える食事スタッフが、選手たちのためにオーダーしたのは、なんと15,000個もの卵。

一体なぜこんなに大量の卵が必要だったの?爆笑ニュースの顛末を「Food52」のValerio Farrisがピックアップしていましたよ。

一人換算137個の卵…
オリンピック選手でも、キツい

今年の頭、ノルウェーのオリンピックチームになんと15,000個もの卵が食料配送業者から送られてきたそう。これを目前とした彼らは、不可解さとショックでただただ唖然だったとか。

なぜって、ノルウェーから選抜された計109人の選手たちが、オリンピック期間中に一人137個もの卵を食す計算。一体どうしてこんなことが起きたのだろうか?

答えは思いの外カンタンなこと。オリンピック開催前から平昌に滞在していたノルウェーチームのシェフたちは、選手たちに食料を、と韓国の食料品配送会社を利用した際に、Google翻訳を使って注文を完了させたそう。

そこでGoogle翻訳は、あろうことか1,500にもうひとつ"ゼロ"を加え、注文数を15,000個に増加させてしまったのだとか(こんなことある?)。

「トラックの半分がパンパンになるほどの卵が運ばれてきちゃって…」

と、シェフStale Johansenはノルウェー語の新聞、Aftenpostenにコメント。

「まるで終わりがなくて…、さすがに目を疑いました」

もちろん選手たちはすぐにお腹を空かせますし、最高のパフォーマンスを見せるには普段以上のカロリー摂取が必要です。が、さすがにこの量は彼らにとってもトゥーマッチだったよう。最終的に、シェフたちは配送されてきたものの大半を返品するハメに。

ちなみにキープしたのは、当初から予定していた1,500個だったそうですよ。

さて、Google翻訳に彼らがInstagramに投稿したキャプションを入れ込んでみました。面白半分で正確性を確かめてみたところ、以下のような翻訳が。

「OLキャンプは、Google翻訳を通じた翻訳を通じて1,500個の卵を注文しました。しかしそれは間違っていた。15,000人がドアに届けられた。我々は幸せを祈り、ノルウェーの黄金の希望が幸せであることを願っています」

まあ、悪くはないけれど、正確とも言い難い…。15,000個配達されてしまったのにも、無理ないのかもしれませんね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。