Google翻訳で誤発注。15000個の卵を前にノルウェー五輪代表チームは…。

盛り上がりをみせる平昌(ピョンチャン)オリンピックの舞台裏で、こんなハプニングがありました。ノルウェー代表選手たちの胃袋を支える食事スタッフが、選手たちのためにオーダーしたのは、なんと15,000個もの卵。

一体なぜこんなに大量の卵が必要だったの?爆笑ニュースの顛末を「Food52」のValerio Farrisがピックアップしていましたよ。

一人換算137個の卵…
オリンピック選手でも、キツい

今年の頭、ノルウェーのオリンピックチームになんと15,000個もの卵が食料配送業者から送られてきたそう。これを目前とした彼らは、不可解さとショックでただただ唖然だったとか。

なぜって、ノルウェーから選抜された計109人の選手たちが、オリンピック期間中に一人137個もの卵を食す計算。一体どうしてこんなことが起きたのだろうか?

答えは思いの外カンタンなこと。オリンピック開催前から平昌に滞在していたノルウェーチームのシェフたちは、選手たちに食料を、と韓国の食料品配送会社を利用した際に、Google翻訳を使って注文を完了させたそう。

そこでGoogle翻訳は、あろうことか1,500にもうひとつ"ゼロ"を加え、注文数を15,000個に増加させてしまったのだとか(こんなことある?)。

「トラックの半分がパンパンになるほどの卵が運ばれてきちゃって…」

と、シェフStale Johansenはノルウェー語の新聞、Aftenpostenにコメント。

「まるで終わりがなくて…、さすがに目を疑いました」

もちろん選手たちはすぐにお腹を空かせますし、最高のパフォーマンスを見せるには普段以上のカロリー摂取が必要です。が、さすがにこの量は彼らにとってもトゥーマッチだったよう。最終的に、シェフたちは配送されてきたものの大半を返品するハメに。

ちなみにキープしたのは、当初から予定していた1,500個だったそうですよ。

さて、Google翻訳に彼らがInstagramに投稿したキャプションを入れ込んでみました。面白半分で正確性を確かめてみたところ、以下のような翻訳が。

「OLキャンプは、Google翻訳を通じた翻訳を通じて1,500個の卵を注文しました。しかしそれは間違っていた。15,000人がドアに届けられた。我々は幸せを祈り、ノルウェーの黄金の希望が幸せであることを願っています」

まあ、悪くはないけれど、正確とも言い難い…。15,000個配達されてしまったのにも、無理ないのかもしれませんね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...