ベーグルの「穴」を卵で埋める、新感覚朝食

イギリスには、300年以上愛され続けてきた「トード・イン・ザ・ホール(穴の中のヒキガエル)」という家庭料理があります。

ヒキガエルという名前からまったく料理が想像できませんが、耐熱皿にヨークシャープディングを流し込み、そこにむっちりした焼きソーセージを何本か寝かせて、オーブンで焼いた料理です。これがマズく仕上がると、なんと「フロッグ・イン・ア・ボグ(沼の中のカエル)」と呼ばれてしまうのだとか。

Food52」のAli Slagleさんは、この「トード・イン・ザ・ホール」の変形版として、「エッグ・イン・ア・ベーグルホール(ベーグルの穴に入れた卵)」を紹介しています。つくり方は名前のとおり。とても簡単なので、"沼の中のカエル"にはならずに済みそうですね。

さっそく朝食のレパートリーに追加してみては?

目玉焼き in ベーグルの"穴"

4754160536780800
© 2015 James Ransom

【筆者Ali Slagleさん談】

ベーグルと卵を別々にいただくよりも絶対においしい理由はこの3つ。

①ベーグルを鉄板で焼くから。

②2人でも楽しめちゃう。

③トードインザホール(衣をつけて焼いた肉料理)のようだから。

材料:2人分

ベーグル:1個

バター:大さじ1

卵:2個

塩:適量

挽きたてのこしょう:適量

作り方

【1】ベーグルを半分に切る。もしベーグルの穴があまり大きくなければ(たとえば黄身が入らなそう、など)、まわりをちぎって穴を大きくする。きれいな丸にするにはビスケットカッターやカップを使うのがおすすめ。

【2】鉄板にバター大さじ1/2を入れて、中火にかける。ベーグルは、切った断面を下にしてフライパンに乗せる。

【3】小さなボウル(もしくは注ぎ口がついた容器)に卵を割って、ゆっくりと穴の中に注ぐ。あふれてもOK。塩こしょうで味付けする。

【4】蓋をして、3分ほど焼く。3分はあくまでも目安なので、卵がお好みの固さになるまで焼けばOK。できあがったら、へらを使ってお皿に移す。同じ作業をもう半分のベーグルで繰り返す。

6631344176103424
© 2015 James Ransom
Written byAli Slagle
Top photo: © 2015 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるインスタアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作られている。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
独断と偏見でピックアップしました。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
エッグベネディクトにエッグスラット、卵を使った料理が次から次に登場するけれど、この“変わり目玉焼き”もかなりのクセモノ。昨春、彗星のごとくInstagra...
その時々の気分に合わせて、好みの食感を3種類から選択できる。そんなベーグル専門店が東京・代々木八幡にあります。もしかして、味だけで商品を選ぶなんて時代遅れ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。