Google翻訳が「できないコト」を実現した注目の企業

Googleが残した「手話」の翻訳

Google翻訳が登場したのは2006年。それから10年以上たった今100以上の言語に対応しています。

ただし、それは話せる言語の話。「手話」が残されていたのです。Google Gestureというアイディアもありましたが、実現はならず。

今回紹介するSignall社には15人の画像解析や自然言語処理(人間が使っている言語をコンピューターに処理させること)の研究者が集まり、英語手話を翻訳するシステムを開発。

現在銀行や病院、レストランなど協力してくれるパートナーを募っています。

4636328276787200

独自のニュアンスまである複雑な「手話の世界」

ボクらが話している時、声の大きさやスピード、カラダの動きで微妙なニュアンスが伝えられるように、手話にも独自のニュアンスとマナーがあります。

それは手の向きや形、動きはもちろん、その動きの速さや顔の表情で伝えられるのです。

彼らは別々のアングルに設置された3つのカメラと深度センサーを使うことで、複雑な「手話の世界」をコンピューターに認識させています。

これによりニュアンスまで含めた自然な英語をモニターに表示させることに成功しました。

4948881099980800

英語手話を使う人口は米国だけでも50万人、世界中には約1億人いると言われています。

日本では約30万人が聴覚になんらかのハンディキャップを持っています。現在彼らの社会参加が進むに連れ、手話通訳士の人手不足が問題になっています。

残念ながら日本語手話には対応していないのですが、彼らのテクノロジーが聴覚障害者とのコミュニケーションをスムーズにしてくれる可能性は高いでしょう。

Licensed material used with permission by Signall
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...