100年続く企業のトップリーダーが、大切にする「たったひとつのコト」

世の中には、少なくない巨万の富を築いた者たちがいる。

その多くが、一代で財を成し、その後も名を世に残す「実業家」として知られている。時代や環境のめまぐるしい変化の中で、実業を5年、10年と続けるのは、大変な困難を伴う。国境の垣根を簡単に超えられ、グローバル化の荒波が押し寄せる現在に至っては、尚更のことであろう。

しかし、そんななか50年、100年と栄え続ける企業がある。ここ日本には、100年以上続く企業が、実に2万社以上ある。その数は、世界においても圧倒的にトップだ。

topleaderonething_02

それら繁栄を続ける企業には、共通することがある。
時代とともに変化する柔軟性。
顧客や取引先はじめ、関係者からの支持。
さらに、従業員への配慮、育成。

topleaderonething_03

しかし、それらの企業を経営してきた人たちは言う。それも大切だが、最も重要なもの、それが

「無我」

である、と。

topleaderonething_04

無我とは、仏教用語で、文字通り「我」が無いことである。

つまりは、自我を無にし、「他」に尽くす、人のために、ただひたすらに奉仕すること。

それが結果的に「徳」や「栄」となって返って来るのだと。

経済を通し、「金」を作り、得ることが「栄えること」ではない。我を無くし、他のために与え、利を作って差し上げることが、「栄えること」なのだ。

谷本有香(たにもと・ゆか)

経済キャスター/ジャーナリスト英ブレア元首相やマイケル・サンデル ハーバード大学教授の独占インタビューはじめ、1,000名を超える世界の著名人にインタビュー実績がある。

他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
大手企業から無職の道を選んだのち、TEDxの舞台に立つまでに彼は一体何を掴んだのか。私の口からそれを説明するのではなく、ぜひ彼自身から贈られる言葉に耳を傾...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
一年は365日。つまり、8,760時間もあります。これだけの時間があるなら、ずっと夢見ていた目標を達成することも、大好きなあの人と付き合うのも、夢じゃあり...
仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?