GoogleがNYに5日間限定で多国籍レストランをオープン。そこで活躍したのが・・・

マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ撮影のためかといえば、さにあらず。じつは、こんな使い方をしていたんです。

「Google翻訳」を使って
メニューを解読

89e19e90636369ccfe60dabd23d01f4e160f7725B3394af4838c2298ed5431521ab00f5723affee67bc867a55454924fd0c34688c7ba08f9c1b543ab59fcbb368323e1eb7b2ce900285b85d434016318

このポップアップレストランにやってきた多くのお客たちが、まず初めにすること。それが「Google検索」の機能を用いてメニューを解読することです。そこにはトルコ語、インドネシア語、韓国語、フランス語、スペイン語、中国語など多国籍の言語が。

その国の生まれ、もしくは言語を学んだ人ならば理解はできるでしょう。でも、ほとんどの人には読解不可能。そこでGoogle検索やカメラで撮影して検索する「Googleゴーグル」が生きる訳です。

では、なぜこんな面倒な思いをしてまで注文するか?それは、このレストランが『食べ物は世界共通言語』をスローガンに掲げ、各国を代表するNYの料理人たちが国境を越えた新しい料理を提案する店だから。そして、お客は料理を介してそれぞれの文化を共有しあうことが目的。その“橋渡し役”となるのがGoogle翻訳アプリだった。

それゆえ、このレストランではナイフやフォーク、グラスを手にする前に、まずはスマホに手が伸びる人が多かったのです。

国籍もジャンルも超えて
NYのシェフ18人が集結

F2f655aa14b1752fcd4e3855a5e36b9232cbfa6a5813e40271409f04e29db80f2ffcaf9ee562cc1f

イベントに参加したシェフは総勢18人。「Condé Nast Traveler」によると、ニューベストレストランに選ばれた「Cecil」のオーナーシェフJJ Johnsonをはじめ、ノリータ地区の人気店「Balaboota」のシェフEinat Admonyなど、NYの最旬シェフが一堂に介し、ちょっとしたフードイベントのようだったそう。また、それぞれのシェフたちも、マンハッタンで今評判の腕利き料理人とのコラボレーションに興奮気味だったとか。

「だって、自分たちのレストランで提供している味じゃなく、ここでは互いにアイデアを出し合いながらまったく新しい料理を一から作りあげていくんだから。リスクやストレスもなく、ただ通り一辺倒の味を生み出すなんて面白くない。こんなチャンス2度とないからね」とは、参加者の一人Danny Bowienの談。

料理のジャンルは違えど、そこはトップシェフ。彼らのチームはアイルランド、韓国、北欧の料理を融合した、誰も聞いたことのない見たことのない料理を生み出していきました。

料理が言語となり
人も世界もつなげていく

B5aa92f8940b75b9fe82b1447f207d49a4d56210Adbb2c52b9e4f33ade6b916e59dcfeca22aa76c2

単に「食べる」という目的だけじゃなく、レストランで振舞われた料理は、異なる文化を持つ人と人とをつなげていく、いわばコミュニケーションツールとして機能しました。料理を介してお互いの食文化に、価値観に触れ合うコミュニティスペースとして大盛況の5日間。ちなみに3つのコース料理はすべてタダ。さすがGoogle太っ腹!案の定、予約も一瞬のうちに埋まってしまったんだとか。

JJ Johnsonは言います。「食は言語であり、世界をひとつにつなぐもの。自分がどこにいるかなんて関係ないんだ。料理はお皿の上に文化も、歴史も、すべて表現することができるからね」と。

Google翻訳リリース10周年
食と言語の共通点をリンク

Cd25b3d719e1d404f867fe63ba6e89ce969150ad

さて、最後にどうしてGoogleが今回このイベントを企画したかということについて。2016年はGoogle翻訳がリリースされてから、ちょうど10年目だそうです。いわばそのお祝いイベントだったというオチ。

テキストだけでなく、今では音声で、カメラ機能を使って、とますます便利になる翻訳機能ですが、もちろん海外で現地のローカルレストランに飛び込んで、まったく解読不可能なメニューを身振り手振りでオーダーするのも、旅の醍醐味のひとつ。それでも、こうした翻訳サービスの向上で旅の仕方が、ちょっとずつ変わってきている気がしませんか?

Licensed material used with permission by Google
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...