音楽も聴ける!「多機能イヤホン翻訳機」

AI翻訳を専門とするグローバルメーカー「Timekettle(タイムケトル)」から、日常と世界を繋げる最新ガジェットが登場した。

Timekettle M2」は、音楽も聴けるイヤホン翻訳機。もちろん通話も可能なので、通常の翻訳機と比べてより生活に密着したプロダクトというわけだ。

翻訳においては3つのモードを選択可能。

お互いが片方ずつイヤホンを装着する「タッチモード」では、双方向に翻訳音声が流れる。完全ワイヤレス、リアルタイムなので、より快適で自然な会話が楽しめるという。

リッスンモード」は、自分のスマホで相手の話を聴きとることで、スマホに文字起こし、イヤホンには翻訳音声が流れる。外国語での講義や打ち合わせで活躍しそうだ。

道を尋ねる、料理を注文するなど簡単な質問や会話に便利なのが「スピーカーモード」。タッチモードと違って相手はイヤホンをつける必要がないので、気軽に使えるかもしれない。

「Timekettle M2」の翻訳エンジンには、GoogleMicrosoftをはじめとする世界を代表する翻訳エンジンが使われている。オンライン翻訳に対応しているのは、40種類93言語 (2020年10月時点)。今後もアプリアップデートにて随時無料更新されていく予定だ。

専用ケースで充電をおこなうと、最大30時間使用可能。1回の充電で最大6時間連続再生できる。

現時点での価格は1万2590円(税込)、購入は「Makuake」にて。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事