イヤホンのいらない骨伝導キャップ

ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。

見た目はフツーなキャップ。正直お気に入りってワケじゃないけど、これは持っておきたい!

骨伝導で音楽が聞ける

通常、鼓膜を通して人は音を聞いていますが、このキャップが採用したのは「骨伝導」方式。簡単に言えば、頭蓋骨を振動させて音を届ける仕組み。

そのため耳を塞ぐことなく、周りの音なども聞くことが可能に。こんなふうに後ろから自転車が来ても……。

さっと避けることができます。

なにより音楽を聴いているなんて、周りからは思われない。そのくらい普通なキャップですから。

防水仕様で電話もできる。
それでいて軽量

オイルコーティングで防水性もあります。少しくらいの雨でもへっちゃらだからアウトドアにも持ち出せますね。

マイク内蔵で通話だって可能。電源ボタンはワンタッチとこれまたご機嫌。メーカーによれば、すべての部品を含んでも「一般的なキャップより30g程度重いだけ」、と強調します。てことは、ランニングやダンスの練習など、音楽を持ち出したい場面で重宝しそう。

フリーサイズでアジャスター付きだから、サイズ感も安心。

また、こんな使い方もアリ。地図アプリと連携しナビゲーションを聞くことができます。旅行先でスマホを片手にウロウロしなくていいから、ローカル(地元民)になりきれるんです。

1回の充電で5時間稼働と、一日中使えるわけではありませんが、2時間のUSB充電でフルチャージもできるそう。カラータイプはホワイト、ブラック、ネイビーの3種。ツバも2種類からチョイス。

発送は2017年12月ごろを予定しているとか。先行予約はこちらからどうぞ。
Licensed material used with permission by Zeroilab
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
フィットネスや健康管理に特化したスマートグラスが話題の昨今ですが、ここで紹介したいのは、一見機能が満載のスマートメガネには見えない「Vue」。「Kicks...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
多くの人が待ち望んでいたワイヤレスイヤホン「BeatsX」がついに発売開始。かねてからの期待値の高さ通り初速はすさまじく、現時点で1〜2週間待ちの状態とな...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...