音楽、通話、ライフログ。毎日身につけたい「スマートメガネ」

フィットネスや健康管理に特化したスマートグラスが話題の昨今ですが、ここで紹介したいのは、一見機能が満載のスマートメガネには見えない「Vue」。

Kickstarter」では、期限前に目標の15倍以上の資金に達成するほど、期待が高まっています。

フレームには
骨伝導スピーカーを内蔵

「Vue」のメイン機能は、フレームに内蔵された骨伝導スピーカー。音楽が聞けるのはもちろん、通話もできるし、ナビ音声などもハンズフリーで聞くことができます。

重さは28gと、最近の軽量メガネと比べると重いですが、バッテリーやセンサーなどが内蔵されていることを考えれば、十分軽量。

ヘッドホンとは違って耳をふさがないので、周囲の音も聞こえて安全性が高いのも特徴的。サイクリングやトレーニング、車の運転中などにも重宝しそうですね。 

操作は簡単、
タップやスワイプでOK

「Vue」には操作用のボタンはなく、電話に出る操作もフレームをタップするだけ。このカンタン操作で写真撮影やリマイダー、ランニングの距離・消費カロリーを教えてくれるアクティビティトラッキングなども可能。

さらに、アップやスワイプについても、自分好みにカスタマイズできるそうです。

「メガネ」が見つからない時も
すぐに探せる

家の中でも「あれ、どこに置いたっけ?」となくしがちなメガネですが、「ファインド マイグラス機能」を使えば、メガネの発信をキャッチして、すぐに見つけ出すことができます。

充電はワイヤレスで、ケース型のクレードルスタンドに乗せておくだけ。音楽の連続再生は最大5時間、省エネモードで待機するだけなら1晩の充電で7日間ももつそうです。 

毎日に使いたくなる
シンプルなデザイン

「Vue」のフレームはかっちり目のClassicと、丸いTrendyの2種類。いずれもベーシックなデザインなので誰でも合わせやすいはず。

レンズは度つき、度なし、各カラーがあるので、サングラスや伊達メガネとしても使えそうです。

Kickstarter」では12月10日までを期限として50,000ドル(約530万円)の資金を目標にしていましたが、現在までに751,116ドル(約8,020万円)を達成。すでに目標金額の15倍以上にもなっています。

一番ベーシックなモデルはソールドアウトのようですが、現在もまだまだ、日本への送料を含めて194ドル(約2万円)から入手できそうです。

Licensed material used with permission by Vue
今までゴツくて重いとまだ課題が残されているスマートメガネ。アメリカのスタートアップ企業が開発した「Alpha Glass」は普段使いに利用できる初のカジュ...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。見た目はフツ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
日本のパソコン周辺機器メーカー「I-O DATA」から発売が予定されているスマートフォン用CDレコーダー「CDレコ5」シリーズ。このプレイヤーは、Wi-F...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
60'sのヴィンテージGI GRASSES。鯖江の職人がメンテナンス、調整して現代に蘇らせるプロジェクトです。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...