今年、Googleでもっとも検索された言葉。

2017年も今日でおしまい。みなさんにとって、今年はどのような1年だったでしょうか。

Googleが「2017年でもっとも検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害、難民問題、女性への性犯罪など、いまだに解決されない事柄がいくつもあがります。

120秒の動画で振り返ってみませんか?

Googleに寄せられる質問は
「世界の鏡」

今年、Googleでかつてないほど検索されたのは、人々のギモンに対する「答え」でした。

53abbceb2c651be562006ad902f592356f95308a

山火事の原因は?

A7b8ab808bddc4d4cad02508a93f2d8825b9cefc

北朝鮮のミサイルの飛距離は?

Ffed5edaabf76ce369b4193ffaeda743ebc1f82a

国境の壁にかかる費用は?

5b1db2d88ef1e16141a3a028b4b865b3df885dba

世界にいる難民の数は?

1643db3fc472b102d8f6663e029e6bf83d30d2f6

台風はどうやって起こる?

3e623f43ffe62dfb53572c4a705706a8d2b87f2f

窓を補強する方法は?

6331d042df59ab3a5bf7dffd446feadc763eb70e

災害時に犬を落ち着かせる方法は?

それでも、人は誰かを救うために
Googleを使う

2f920e859566a13c6c7432de2f6a8c75ed27ac72

洪水の被害者を支援するには?

E82c2f60456422c9e6c34d77213398ddc832ed6c

難民を救う方法は?

Ac3e6ac771e709876665884b49993404bb2fa241

プエルトリコを支援するためには?

13a65866748fe8893531c835966d45114022c305

メキシコを救うには?

2ed9abfd8306421bd9320f83760391c685ada861

ラスベガスを救う方法は?

977ad00f207220a32c7a4bb604955598eca7e94d

今年もたくさんのことが起きました。胸を痛めるような出来事も、将来へ残る不安も、すべてが解決されたわけではありません。それでも、私たちは、困っている人を救いたくて、その方法をGoogleにも、尋ねているのかもしれません。

Bd86266c6f2e9067ae24fcb9bf246828394e02a6

強い女性になるためには?

C7310a3644655997221a3c2b927faa868a2ca772

ここで告白します。私も被害者です。

"Me too"

女性の性犯罪をなくすために、被害に遭った女性たちが立ち上がりました。

84f9c2c52d8125b3d8ecc9d62edc092fdb601a0f

良い親になるには?

0f31efcd65206b18172dbb34fbe51922c5826f13

いつの時代も、親が子を思う気持ちは変わりません。

2dcc614da6ae56987f717bfab42246c67bb5fbc9

恐怖に打ち勝つには?

F254b478c59a976db671d451b7f236d5522a5f41

どんなに辛いことがあっても、世界は明日も続いていくのだから。

5556f28859d959c3ae92e8123a1b38ad06e6bb14

前へ進むために、すべきことは。

良い年だった方にも、あまりぱっとしなかった方にも、あと1日でまた新しい年がやってきます。希望と幸福に満ちた、2018年になりますように。

Licensed material used with permission by Google
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...