「北欧No.1ブランド」の環境に優しすぎる「歯ブラシ」が日本初上陸

創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸した。

この歯ブラシ、とにかく“環境への配慮”が半端じゃない。

柄は100%再生プラスチック

毛は100%植物由来プラスチック

パッケージは100%再生紙

さらには、FSC認証の紙製ラベルおよび、環境に優しい糊やインクを使用。徹底的に持続可能資源再生資源にこだわり、持続可能な開発目標「SDGs」の4項目をクリアしている。

実際、2018年にスカンジナビア諸国での発売以来、5ヵ月で歯ブラシの柄に使用するバージンプラスチックを4万8000kg、毛の部分に使うバージンプラスチックを3750kg、パッケージに使用するプラスチックを1万9000kgも削減。2019年には欧州プラスチックリサイクル協会よりベストリサイクルプラスチック賞を受賞するなど、環境保護に大きく貢献している製品なのだ。

購入は「楽天市場」や「Amazon」にて。環境に配慮した個人レベルのアクションは、こうした身近なところから始めると無理なく継続できそうだ。

© エフ・エルジャパン株式会社
© エフ・エルジャパン株式会社
Top image: © エフ・エルジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事