北欧の人気チェーンでも
「植物肉バーガー」をスタート

植物由来の原料から作られた「植物肉」。それを挟んだハンバーガーは、ベジタリアンやヴィーガンの増加に伴い今や世界各地で販売されています。

その流れに乗ったのか逆らえないのか、スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」が、5月末から一部のバーガーのお肉を植物肉に変更できるサービスを開始しました。

この植物肉は自社開発されたもので、大豆や小麦などからつくられています。肉はまったく使用されていないけれど、しっかりとお肉の味わい。写真を見る限り見た目も“肉厚感”あり。

サービスは、ノルウェーとデンマークも含めたすべての店舗で導入されています。人気バーガーチェーンということで、今後北欧でも植物肉の利用がますます根付いていくのでしょう。

Reference: Max Burgers
Top image: © MAX Burgers
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売とな...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
スウェーデンのラップランドにオープンした“川に浮かぶ”リゾート施設「Arctic Bath」は、北欧らしくシンプルで洗練されたエクステリア&インテリアが自...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ニュージランドのピザチェーン「Hell Pizza」は、普通の肉を具材にするところ、勝手にビヨンド・バーガーをトッピング!
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...