北欧の人気チェーンでも
「植物肉バーガー」をスタート

植物由来の原料から作られた「植物肉」。それを挟んだハンバーガーは、ベジタリアンやヴィーガンの増加に伴い今や世界各地で販売されています。

その流れに乗ったのか逆らえないのか、スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」が、5月末から一部のバーガーのお肉を植物肉に変更できるサービスを開始しました。

この植物肉は自社開発されたもので、大豆や小麦などからつくられています。肉はまったく使用されていないけれど、しっかりとお肉の味わい。写真を見る限り見た目も“肉厚感”あり。

サービスは、ノルウェーとデンマークも含めたすべての店舗で導入されています。人気バーガーチェーンということで、今後北欧でも植物肉の利用がますます根付いていくのでしょう。

Reference: Max Burgers
Top image: © MAX Burgers
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。