正しい睡眠法ではなく、「寝不足のリスク」に着目したアプリ

今や、数え切れないほどの睡眠アプリがあります。そのほとんどが「テクノロジーを駆使した目覚まし」だったり、「寝ているときのデータを測ってくれるもの」だったりします。

でも、Shleepは睡眠に関するレクチャーをしてくれるんです。

リスクを知らないと
行動は変えられない

睡眠の知識をユーザーに教えてくれるは、アプリを開発した彼らが寝不足などによるリスクを知らないと、行動を変えることは難しいと考えているから。

つまり、「寝る前にスマホを使うのはやめましょう」とただ押し付けるだけではなく、しっかりと丁寧に「なぜダメなのか」までレクチャーしてくれるということ。

使い方はカンタンで、ダウンロードをしたら、まず約20の質問に答えるだけ。

ちなみに、こんな感じ。

最初のアンケートが終われば、理想的な睡眠に対する、あなたの達成率を教えてくれるので、自分が改善するべきポイントを知ることができます。(ちなみ、僕は45%…。)

あとは、正しい知識を得るために、1〜2分のビデオを視聴するだけです。

日本でもダウンロードをすることが可能です。英語を使わなければいけないけど、そこまで難しいものではないから、多くの人が使えることでしょう。

小手先のテクニックではなく、本質的な知識を蓄えることができるアプリ。役に立ってくれそうです。

Licensed material used with permission byShleep
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
翌日に仕事があるにもかかわらず、友だちと飲み明かしてしまった。当然、寝不足で仕事はグダグダ…。そんな過ちを二度としたくない人へ。「New York Mag...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...