寝不足でもパフォーマンスを上げる「9つのコツ」

翌日に仕事があるにもかかわらず、友だちと飲み明かしてしまった。当然、寝不足で仕事はグダグダ…。
そんな過ちを二度としたくない人へ。「New York Magazine」が作った動画の中から、徹夜明けでもパフォーマンスを落とさない方法を紹介していきましょう。さて、効果のほどは?

01.
目覚ましをかける時は
スヌーズボタンを押さない

th_スクリーンショット 2015-08-12 15.48.09
スヌーズとは、アラームを止めてもしばらくして再び鳴り出す機能のこと。二度寝をして5分間余計に寝ても、カラダはまったく休まらないそうですよ。

02.
起床後1時間以内に
朝ごはんを食べる

th_スクリーンショット 2015-08-12 15.48.25

起床後、1時間以内に食事をとることで頭の冴えは違います。その際、糖分はもちろんのこと、全粒穀物とお肉などのプロテインも積極的に摂れば効果的。
ただし、コーヒーはたくさん飲まず、一杯までに。

03.
サングラスをかけない

日光を浴びることでカラダは活動的に。目も同じ。サングラスでブロックせずに、目覚めるためには眩しい朝の光を!

04.
早い時間に
重いタスクを片付ける

目覚めてから最初の数時間は、もっとも頭が冴えています。ゆえに、二日酔いで辛い時こそ、困難なタスクから片付けること。

05.
オフィスに着いたら
すぐにコーヒーを飲む

th_スクリーンショット 2015-08-12 15.48.41

コーヒーのカフェインが目覚めの効果を発揮するのは、飲んでから30分も後。大切なミーティングがあるなら事前に口にしておきたいところです。

06.
ランチは軽めに

昼食は脂っこいものを避け、穀物や野菜、チキンなどを。朝食とは違って、糖分を摂りすぎると疲れる原因になるので注意。

07.
コーヒーは
15時までに!?

カフェインの効力は7時間とされています。と考えると、オフィスでのコーヒータイムは15時頃までがベター。これを守ることで、夜はぐっすり眠れて、寝不足も解消!

08.
遅い時間は
単純作業に徹する

睡眠不足の人は、わずか10分ほどしか集中力が持続しないという研究もあるほど。それほど睡眠時間と集中力は比例するのです。では、寝不足の時はどうするか? 答えは簡単。「できるだけ単純作業を行う」です。例えば、メール返信やフォルダ整理などは最適かも。

09.
とにもかくにも
早めの帰宅を!
th_スクリーンショット 2015-08-12 15.49.13

じつのところ、これが一番大事。もしも、同僚にどうして早く帰るのかと聞かれたら、この動画がそう言っていたと話しましょう(笑)。

Licensed material used with permission by New York Magazine

睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
その才能の秘密を教えて!
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...