睡眠を1時間増やすと、給与が16%アップする?(米経済学者)

睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。

シンプルに言えば、睡眠時間を1時間増やすだけで、実質手にできる給与は16%増しになるんだとか。この眠りの長さとサラリーの因果関係。カラクリは単純。あとは実践できるかどうかです。

寝不足は酩酊状態と同じ
鋭さに欠け、注意力も散漫

-098717546879

まずは、この前段階からいきましょう。
「睡眠不足は仕事の生産性を著しく低下させる」。これは疑う予知もないはずです。眠いと効率が悪くなるから?それだけではありません。どうやら、不要なリスクをとってしまうことが原因。米ボストン病院、睡眠医学の専門家Charles Czeisler教授は、じつに分かりやすい表現で、睡眠不足状態を例えています。

「酔っ払っている状態とまさに同じ。つまりは“鋭さ”が欠けるんですよ」

一晩、まるまる徹夜した時だけではなく、日々睡眠時間が削られ寝不足が慢性化していくと、神経行動学的な性能、つまりは感覚や精神面での強さが欠落する。ゆえに、注意力も散漫になるという訳です。

睡眠こそ、給与アップへの近道

-0987656789260900663 (1) shutterstock_76465288

では、本題に入りましょう。
睡眠と給与の相関関係を、初めて数値化した経済学者がいます。カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部の研究者Matthew Gibson博士とJeffrey Shrader博士。「The Wall Street Journal」によれば、彼らは、米国勢調査局が収集したビッグデータを元に、時間の使い方に関する実態調査を用いて、睡眠時間と賃金データを徹底分析。導き出された数値から、睡眠不足がもたらす影響について、こう結論づけました。

「睡眠時間が1時間増えれば、給与に換算して約16%アップが見込まれます。毎日もう1時間、この積み重ねは学校教育でいうところの1年分以上に相当することが判明しました」

250646827

俗に言う理想的な睡眠時間が8時間。これを忠実に守れる現代人が、はたしてどれだけいる?かは疑問ですが…。算出したデータの概数からは、実際に5時間またはそれ以下の睡眠時間で、生産性を飛躍的に向上したケースは、「ほぼゼロに近かった」と前述の睡眠医学士 Czeisler教授も述べています。

さらに研究から、たとえ寝不足で頭の回転が鈍くても、会議に参加したり、レポートに目を通したり、通常業務を行うことは可能なことが判明しました。ただし、物事の本質をついたり、問題を見抜く千里眼を発揮できるかと言えば…もうお分かりですね。感覚が鈍る、不注意が増える、こうしたところに落とし穴が潜んでいるとGibson博士。

しっかり睡眠時間をとって
自分をコントロールする

-074567896135281

人間、疲れているときはどうしたって、革新的なアイデアや創造性を発揮することはできません。新しい情報へと自分の脳を適応させることも、それを学ぼうとすることだって困難になります。現状に留まるだけで、曖昧な判断基準しか持てなくなる。やがて、“理想の自分”と現実とのギャップに悩み、気分も乱高下。ひいては同僚と調和することさえ難しくなっていく。
この負のスパイラルこそが、自身のポテンシャルと給与を下げてしまう最大の要因なのです。

つまり、その真逆を実践することが勝利のカギ。睡眠を1時間でも多くとることで、肉体的にも精神的にも最大限のパフォーマンスを発揮するように、睡眠で自らをコントロールしていく。これが給与アップを目指す近道だ、とキャリアサポートサイト「AOL Jobs」は、真夜中12時にベッドに就く必要性を説いています。

要するに、どれだけしっかり寝ることができるか?そこが勝負ですね。でも、さすがに8時間は…。

Reference:WSJ , AOL Jobs 

 

関連する記事

本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
全国47都道府県の1万人(性別・年齢・都道府県で割付)を対象に、株式会社ブレインスリープが行った2021年版「睡眠偏差値」の調査によれば、昨年「6時間27...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
3月25日に、生物・物理・地球科学の研究を学際的に掲載する『iSicence』にてブラジルの「リオグランデドノルテ連邦大学」に所属する脳科学者たちが「タコ...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
ランキング機能を搭載した睡眠計測アプリ「ドクタースリーピング」が登場!モチベーションの維持が簡単で、さらに計測した睡眠スコアを「Futonto」直営店で使...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。でも「Make It Cheaper」の記事を参考...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
本記事ではロングスリーパーの原因や睡眠時間を短くする方法について専門家にインタビューを行いわかりやすく紹介しています。他の人よりも睡眠時間が長いことにお悩...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
ショートスリーパーになって、仕事やプライベートの時間を増やしたいと考える人も少なくないでしょう。本記事ではショートスリーパーになる方法やリスクについて睡眠...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
昨年末まで東京・大井町で営業していた「ネスカフェ 睡眠カフェ」が全面リニューアル。拠点を原宿に移し、3月24日(水)より営業を開始予定。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
睡眠の秋、快適な眠りをサポートしてくれそうな、おすすめ「安眠枕」を6つ紹介する。読書、運動、芸術鑑賞、美食探訪など、何かと楽しみが多い秋だが、夏を乗り切っ...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...