【イギリス式】給与交渉を優位に進める「7つの交渉術」

日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。

でも「Make It Cheaper」の記事を参考にすれば、会社側にもっとあなたの仕事を評価してもらい、かつ生活にゆとりを持たせることが出来るかもしれません。

アドバイスは大きく分けて、4つの準備と、3つの交渉術が紹介されています

ロンドンの会社員
57%が給与アップを申請!?

B88c07fbfbd5686983613fd20ccb639d5d505650

ここでまずイギリス・ロンドンの事例を

「イギリスの会社員の52%は自分のお給料額に満足していない」

「ロンドンで働く会社員の57%が昇給を申請している」

上はなんとなく理解できるのですが、下の「57%が昇給を申請している」というのは驚きじゃないですか?このあたりは日本の企業文化と異なるイメージですが、以下のアドバイスは覚えておいても損はないはず。

成功のカギは
4つの「準備」にあり

9d4dd901a08fc35cc174c39a9737fd58e738c60f

01. 自分の価値を知る

「年間で何千万も稼げたらなぁ」と誰もが思うでしょうが、その金額が現実的にあなたの業務内容と一致しないなら交渉するのはおかしな話。それならば…

・同じ業務内容で、現在よりお給料が上回るところをビジネス系SNSを使って探す。
・オンラインのサラリーチェックで自分が働く市場の相場を知る。
退職をした場合の、代替コストを計算する。

02. 時間を賢く使う

給与交渉はなかなかセンシティブな話。進めたいときは、あらかじめ上司と2人で話せる時間を設けておきましょう。ポイントは3つ。

・日中の最も忙しい時間帯は避ける。
・ランチのあとは心身リラックスしているので、吉。
会議室、もしくは外出して話す。周りが割り込めない環境を。

79e012dac381f6b144eeb65568f478d4e41d756d

03. 要求をまとめる

自分の最終ゴールは何なのか。それを自分に問いかけたときにわからないのであれば、まずはそこから明確にする必要があります。

・理想の着地点をいくつか頭の中に並べておくこと。その中で最も自分に合う姿を絞り出す。
・有給やジムの法人会員制度など、昇給にならなかった場合の代替案を考えておく。
退職という選択肢は、自分が本当に望んでいない限り案に入れないこと。

04. ポートフォリオを作る

日々コツコツと働いてきた実績があってこそ、昇給の話を持ち出すことができるというもの。結果を残したタイミングを見計らって、進めましょう。

・過去半年で達成してきたターゲットをまとめる。
・部署をまたいで業務を担当している場合は、それぞれの部署でどのような責任を果たしてきたか、ポートフォリオにまとめる。
・給与の判断が
直属の上司ではないことも考慮し、給与担当の上司にも自分の実績が伝わるよう、資料を作成する。

いざ、交渉。
3つのポイントを意識しよう

交渉をするときは、骨組みがしっかりとした会話力が必須です。焦らず、以下のポイントを押さえておきましょう。

679855b808b5da6bacd705732e5bf692c42cbd93

05. 将来を見据えた話し方を

会社側が昇給の対象とする人間は、もちろん将来的にも会社の利益に貢献してくれるような人材ですよね。どのように話の方向性を持っていくかも大切です。

・会社を前進させるために、どのように貢献できるか考えておく。
・現在のポジションからどのように飛躍できるのか、わかりやすく例をいくつか用意する。
効率的に仕事を回せる方法や、うまくコストカットできる方法があるのなら共有する。

06. オープンに質問する

疑問をオープンに投げかけることで、会社側が何を望んでいるのかが分かるようになるはず。

・「はい」「いいえ」で答えられる質問は避ける。
・「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」の6つの視点を常に持つ。
・上司が部下にどのような成長を求めているのか、直接聞いてみる。そうすればニーズに沿った行動力を発揮できるはず。

Fa1f232765520a3e9428a648b2353f8e4b927c5a

07. 時には沈黙も大事

沈黙は気まずいもので「どうにかその静けさを埋めないと」と、焦燥感に駆られるかもしれません。でも、交渉中は雄弁になりすぎないことが決め手になることも。

・何か条件を提示されたとき、即座に返答しない。
・冷静に判断するためにも、静かに考えをまとめる。
・会社側が
その沈黙を埋めようと、別のオファーを提示する可能性がある。

実際、給与交渉はヒヤヒヤするものです。だけどじっくり考えてみれば、自分の仕事の割に合ったことをしているだけであることに気がつくでしょう。とにかく十分に準備をし、自分をうまく売り出すことが大切です。

もしもさらなる責任をまかされたときは、自分がそれだけ仕事ができるようになったという証ですね。

Licensed material used with permission by Make It Cheaper
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
ベンチャー起業家は投資家への交渉にエレベーターを使っていた。扉が閉まり、もう一度開くまでの約10秒間でアイデアを売り込む。シリコンバレーでは「エレベーター...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
日本でも大ヒットした書籍『影響力の武器』。この著者であるロバート・B・チャルディーニ教授と対談しながら、交渉する上で大切なスキルをまとめたVal Wrig...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
怒号が飛び交ったかと思ったら、水を打ったように静まり返る。そして、同じ議論が堂々巡りしている…。そんな気まずい会議を経験したこと、ありませんか?Emma ...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
「忖度(そんたく)」って読めるけど、意味は知らない。この言葉の意味わかる?って聞かれたけどそもそも読めない、とかね。
ビジネスでも、人間関係でも、普通に生活してれば困った状況というのは起きるもの。そうした事態に陥ったとき、どうすればいいか。ここで「言い換え」がものを言うの...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...