洋服に「安全ピン」を付けるイギリス人が増えている、本当の理由を知っていますか?

国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。

再投票を求めるアピール?ではありません。これは、ある一人の女性が、Twitterを通じて呼びかけた、イギリス国内の移民の安全を守るためのシンボルでした。

国内に暮らす移民たちへ
ともに団結しましょう!

「ちょっといい方法を思いついたんだけど、みんなジャケットやコートに安全ピンをつけるっていうのはどう?文字通りセーフティーなピン」

「イギリス国内にいるEU市民や移民たちが団結できるよう、飾りっ気のない普通の安全ピンをみんなでつけよう」

一連の投稿は、先の国民投票から3日後の2016年6月26日、アカウント名(@cheeahsさん)が自身のツイッターで呼びかけた文言です。彼女のアイデアは、瞬く間に拡散されていき、胸に安全ピンを身につける人が1週間も経たないうちに急増している、と「CNN」は報じました。

じつは、こう彼女が呼びかけた背景には、EU離脱をめぐる混迷した国民世論のなかで、くすぶり続けていた反移民感情が誹謗中傷というかたちになって表面化する、という国内事情があったのです。

国民投票後、
表面化したヘイトクライム

全国警察署長委員会の発表によると、国民投票後、イギリス国内で発生した人権差別などが絡むヘイトクライム(憎悪犯罪)件数が、前年同期に比べて約57%激増していることが判明したそうです。

こうした事件はイギリス各地で起きており、なかにはSNSで拡散されるものも。たとえば「Leave the EU. No more Polish Vermin(EUを離脱しよう。もうポーランドのウジ虫どもはいらない)」などとタイピングされたカードが、住宅の窓ガラスや、車のボンネットに貼られる、といったケースを「Inc.com」が報じています。

こうしたヘイトクライムが、国民投票によって表面化してきた裏には、EU離脱派の争点が経済面の問題から「移民政策」へ焦点を移していったことが、少なからず影響を与えたのではないか、という見方も。「EUにとどまる限り移民は減らせない」とするボリス・ジョンソン前ロンドン市長のメッセージしかり。

励まし、支えあう
静かな主張

国内に暮らす移民たちが弾圧を受けている。発起人の女性はこの事実に、今回の安全ピンをつけるアクションがいかに有効的であるかを「CNN」の取材に対し、以下のように答えています。なお、CNNによれば女性(アリソンさん)はもともとアメリカで暮らし、6年前にイリギスにやってきた移住者だそう。

「たとえばヒジャブ(ムスリム女性が被る布)をまとった女性がバスに乗車したとします。そのとき胸に安全ピンを付けた人の座席のとなりならば、安心して腰掛けることができる。なぜなら、その人は彼女に危害を加えたり、口論になるようなことはしない。そういうサインを身につけている訳ですから」

隣に座った人、横を歩く人、会話する人、胸元のシンボルが移民たちに大きな安心感を与え、彼らとともに自分たちもあることを示す。静かな主張だけど受動的であってはならない、とアリソンさんは強調しています。文字通り、自分が“安全”な存在であることをメッセージングするこのシンボルに、いま多くの人が同調しているのでしょう。

Licensed material used with permission by Keith Grimes, Dancing Psychiatrist
国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできな...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...