英国のEU離脱当日に発売された「ウソだらけの白ワイン」

2020年1月31日、イギリスがEUから離脱したこの日、1本のワインが同国で発売開始となった。名前は「LIAR Wine」。北イタリア産メルローを使い、やわらかくてフルーティなニュアンス。バラに近いフローラルな香りが特徴だという。

ん?ちょっと待った!

ワイン愛好家でなくとも、おかしいということに気づいた読者も多いはず。だってメルローといえば、本来は赤ワイン用のブドウ品種。

それがどうだ、こちらは!「LIAR Wine」はその名の通り、色でウソをついたワインなのだ。

©2020 LiarWine

メルローを白ワインと同じ製法で圧搾して果汁を抽出。その際、果皮をすぐに分離させることで白色を作り出しているんだそう。エイプリルフールでもあるまいし、わざわざ手の込んだウソに仕立てたのには、それなりのワケがある。

「LIAR Wine」が訴えかける、もうひとつのウソだ。

「EU加盟でイギリスが毎週3億5000万ポンド(約500億円)を支払っている」「移民の影響で職が減った」「地球温暖化はフェイクニュース」「ブレクジットは英経済を活性化する」……。

離脱派の喧伝は、すべてウソじゃないか!とね。

ブレクジットの日に当て込むように発売したのも、赤を白で表現したのも、見た目に隠されたウソを揶揄しようという強い意思表示というワケ。だったらいっそ、口当たりもビターで角が立つ苦味が舌の上にいつまでも残るようなキツイ味でもよかったかも!?

©2020 LiarWine
Top image: © 2020 LiarWine
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...