EU離脱後の「新パスポート」は、赤と青のグラデーション!?

国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできない。

ならば希望を見出そうと、建築デザインメディア「Dezeen」が非公式にパスポートの新しいデザインを募集。すると、34カ国以上から200を超えるデザインが集まったのです。国のシンボルにもなりうる旅券カバー。選ばれたのは、一体どんなデザインだったのでしょうか?

未来を表す
「現在と過去」

92a9680c91e09bee1c627033e2d4f12e60866304

1位に選ばれて1,000ポンド(約15万円)を獲得したのは、ロンドンを拠点とするグラフィックデザイナー、Ian Macfarlaneさん。EUに加盟している現在のデザインと(赤)、それ以前のデザイン(青)が混じったものになっています。

この作品が評価された点はシンプルなところ。ジャッジによると「詩的でパワフルで優雅、そして曖昧なところ」が良かったということ。

このデザインは、離脱へのスムーズな移行かノスタルジックな方向転換、もしくは不吉で暗い前兆を表しているととれる。全てのイギリス国民を代表するデザインを求めていたからこそ、彼は勝者に値する」

Dezeenの編集長は、選んだ理由をこうまとめました。

「何を象徴するだろうか?」
と考えたんだ…

受賞を受けた、Ianさん。

「国のアイデンティティーというものは、物事がうまくいっている時でさえ難しいもの。このプロジェクトに参加する時、2通りのアプローチを思いついたんだ。新しいパスポートはどんな風に見えるだろうか?ということと、何を象徴するだろうか?ということ。その時、後者の考えに最も興味をひかれたのさ」

編集長によると、コンテストを実施した理由は「普通なら退屈なテーマだからこそ、EU離脱後のアイデンティティーやパスポートについて、普段から話すようになって欲しいから」とのこと。

イギリスはどこへ向かうのか…。それは誰にもわかりませんが、もがく国民から見えるのは、苦境だからこそ自国のアイデンティティーは自分たちで作る、という心意気なのかもしれません。

Licensed material used with permission by Dezeen
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
フランスのグラフィックデザイナーJade Dalloulが手がけるプロジェクトは、マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズを紙幣の肖像画...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
グラフィックデザイナーValeria Prietoさんは幼い頃から自然が大好き。気に入った落ち葉を見つけては家に持ち帰り、本に挟んで大切に保管するような女...
Cauliflower Timeによる「デザイナーあるある」をまとめたマンガ。なぜか何でもやってくれる“便利屋”として思われがち彼らのリアルが描かれている...
サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていったそう。それぞれの化...