タバコのポイ捨てを、劇的に減らした「看板」。その斬新すぎる仕掛けとは?

環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとしています。そのアイデア、斬新すぎ!

ポイ捨ての代わりに
投票を呼びかける

Cigarette voting box

地面に捨てられる吸い殻を有効活用させるには、それ自体に「意味を持たせればいい」。彼らは、吸い殻を使ってある作戦に出ました。吸い殻入れを投票箱に見立てて、あらゆるジャンルのトピックスに投票させようというもの。

灰皿は2種類
ロナウドとメッシ!?

VOTING CIGS

ポイ捨てを止めさせるアイデアの効果はすぐに出ました。喫煙者たちは、自分のタバコの吸い殻で毎週、スポーツの話題に投票することができます。

Who is best player Q

例えばこんな質問。「現在、世界最高のプレイヤーと言ったら?」投票は言わずと知れた世界を代表する2人のサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシ。サッカー通のロンドンっ子の意見はロナウドがやや優勢。
他にも「F1グランプリ(イタリア)とテニスのUSオープン、どちらが観たい?」「次のクリケットの試合の勝者はイギリス?オーストラリア?」といった具合に、人々の関心あるトピックスが週替わりで登場します。

ウエストミンスター寺院脇のヴィラーズ・ストリートに設置された、この黄色い投票箱が、世界の喫煙者たちの意識を変えるきっかけになるかもしれませんね。

世界が注目する
ほんのわずかな発想の転換

VOTING CIGS 2

毎年、イギリス政府はおよそ8.5億ポンド(約1,500億円)もの予算をかけて、公道清掃にあたっているにも関わらず、「この12年間一向に改善されていない現状」だと「Hubbub」は指摘します。政府主導では、いつまでたっても自分たちの街を綺麗にはできない。市民レベルでのアクションを呼びかけ、インタラクティブデザインや公共広告に特化したデザインチームと協力し、次々にユニークなクリーンキャンペーンを展開中。
例えば、吸い殻を入れると自動再生される音楽デバイスや、噛んだあとのガムを専用ボードに貼りつけ、ガムでイラストを表現させるなど、あらゆる工夫でロンドンの街の美化に協力しています。

ほんのちょっとの発想の転換。世界を変えるパワーは、きっとこうした些細な気づきの積み重ねなんでしょうね。このプロジェクトは、ハッシュタグ#neatstreetを通じで、いま世界中に拡散されようとしています。


Licensed material used with permission by Elle Mcall

自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。言わんやタバコの箱に書かれている警告表示である。この文章の意味をじっくり考えたことがある...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
タバコは1箱440円、毎日1箱吸うと仮定しましょう。365日で使う合計金額はいくらになると思いますか?さらに、それが50年続いたら…。面倒な計算はひとまず...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできな...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
規模、装備、予算。アメリカ海軍と言えば、世界最大の海軍であり、その戦闘力は推して知るべし。だが、そんな強大な米海軍を長年悩ませてきた“天敵”がいる。それは...