最初の一枚をどう使う?「新5ポンド紙幣」イギリス国民のステキな使いみち

イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念すべき一枚目にこんな使い方を選ぶ人が増えているそうですよ。

 最初に手にする一枚を
誰かのために寄付しよう

それは、ある男性のこんなツイートに端を発していました。

I’ll donate the first new five pound note I get to a charity. Will you?(ボクは最初の新5ポンド札をチャリティに寄付する予定。キミたちの使いみちは?)」。

「#givefive」や「#firstfiver」のハッシュタグとともに投稿された一文は、またたく間に国内に浸透していきました。

記念となる新札の1枚目を何かいいことのために使いたい。ショッピングとはまったく関係のない彼のアイデアに賛同し、自発的にチャリティ団体やボランティアへと新札を寄付する人々が、日を追うごとに増えているそうです。

記念にとっておく、ではなく誰かの役に立つために使う(あるいは使ってもらう)。もしも50ポンド(約6,500円)だったらこうは行かなかったかもしれない。それでもこのすてきなアイデアがSNSを介して拡散していることに意味があるんでしょうね。 

プラスチック製の新札は破れにくく偽造が難しいばかりか、汚れにも水気にも強いそう。誤ってポケットに入れたまま洗濯機にかけてしまっても大丈夫、とイギリス中央銀行は、従来の約2.5倍の強度がある新札を、将来的にはすべてのお札で使用する見込みを立てているとのこと。

それにしても、破れにくく強い新札の裏面が、「不屈の宰相」ウィンストン・チャーチル元首相というとこも、イギリスらしいユーモアを感じてしまいます。

Licensed material used with permission by MissB
イングランド銀行は、イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に暗号解読者のアラン・チューリングを選定。新50ポンド札は、2021年末までに流通する予定だ。
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
コロナ太りに!自宅で1日たった3分で出来る「ヒップアップトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなど...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
新元号の「令和」が発表された直後、多くの人が「REIWA(西オーストラリア不動産研究所)」に注目。4月1日、REIWAのWEBサイトのトラフィックは、7割...
国連が制定した「世界食糧デー」に合わせ、おにぎりの写真を「#OnigiriAction 」とともにSNSなどに一枚投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当...
Googleが提供しているオンラインでの美術鑑賞サイト「Google Arts&Culture」。「MoMA」や「オルセー美術館」などを含んだ世界各国にあ...
3月16日、「Materialise」という3Dプリントを軸にビジネスを展開するベルギー企業が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...