「新しい紙幣に、デヴィッド・ボウイを」約4万人の署名が集まる

Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。

「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・ボウイ以外に考えられない」

一体どういうことか。つまり、お札に描かれる偉大な人物の肖像として、2016年1月10日に亡くなったアーティスト、ボウイを起用するべきであるとうこと。すでに約4万人の署名が集まっているようだが、なぜこんな話に?

イングランド銀行が
「20ポンド札の顔」を一般公募

これは、2015年5月にアップされた公式の募集用動画だ。ボウイの姿が一例として右下に表示されている。

推薦するにあたって必要な条件は3つ。英国出身者であること。ヴィジュアルアートにおいて偉大な功績を残したこと。すでに死去した人物であること。

改めて考えてみれば、確かに「ボウイしか当てはまらない!」という意見があるのはもっともかも知れない。しかし、募集開始当時、彼はまだ存命していた。締め切りは、2015年7月19日とこの応募はすでに終わっている。そこで始まったのが今回の署名運動。仕切り直しが必要というワケだ。この意見には1週間で35,000人を超える賛同者が集まった。

イングランド銀行が公開した候補者リストには、チャーリー・チャップリンやアルフレッド・ヒッチコック、スタンリー・キューブリックなど590人の名前が連なる。いま紙幣に印刷されている18世紀の学者・アダム・スミスの次を「デヴィッド・ボウイ」が担うことになるのか。発表のアナウンスは2016年春に予定されている。

なんせボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプのミュージシャンだ。捉えどころがないと言えばその通り。
2017年1月10日は、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」と評されたデヴィッド・ボウイが亡くなってからちょうど1年が経つ日。彼は、なりたい自分にな...
訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をした...
イングランド銀行は、イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に暗号解読者のアラン・チューリングを選定。新50ポンド札は、2021年末までに流通する予定だ。
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
アメリカでは、ハロウィンの日程変更をめぐって12万を超えるネット署名が集まっている(7月31日現在)。署名の内容は、「10月の最終土曜日」に開催するように...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...
まっすぐな人を見ると、ああ自分もこうありたかったんだ、と思い出す。まさにそういう人物だった。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
フランスのグラフィックデザイナーJade Dalloulが手がけるプロジェクトは、マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズを紙幣の肖像画...
ジンバブエのワンゲ国立公園周辺では、スポーツハンティングが合法的に行われていましたが、この度ライオンやヒョウ、象のハンティングが禁止となりました。英・メデ...
ちょっと冷めている大人たちの心を熱くさせるのは、ブラジルの書籍チェーン『Saraiva』が提供するオーディオブック。中身は、赤ずきんちゃんやドラキュラなど...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...