【スタートレック】あのスポック船長が、カナダの5ドル紙幣となって甦る!?

2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き換えようという呼びかけがカナダを中心に広がりを見せている。

 

 

この突然のムーブメント、芸術家団体(カナディアン・デザイン・リソース)が、「尊敬の念を込めて落書きしよう」と呼びかけたのが事の始まり。

現在、5ドル紙幣の肖像画はカナダの第7代連邦首相、ウィルフリッド・ローリエが務めている。どことなく似ていたふたり。髪型と眉を描き加えるだけで、まさにスポック船長そのものに!

あれよあれよという間に5ドル紙幣のスポック化(Spockingと呼ばれている)が進み、SNS上では独特のバルカンカットと尖ったモミアゲ姿が続々、登場した。


事態を重く見たカナダ銀行は、直ちに「Spocking」を中止するようファンたちに向けて異例の声明を発表した。

「紙幣への落書きは違法ではないものの、カナダの象徴であり国の誇りである銀行券上への落書きは看過し難い」と、至ってお固い対応だ。

これに対し、芸術団体の1人でもあるカルガリーのアーティストTom Bagley氏は、「数字さえ見えていればお金はお金だよ、数えられるんだし。スパゲッティソースがお札に飛び散ったってレストランではきちんと受け取ってくれるだろ?」、こちらはユーモアたっぷりに語ったという。

とにもかくにも、偉大な名優の死を惜しむ人々のリスペクトはしばらく終わりそうにない。

Reference:DANGEROUS  MINDS

 

フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
利用をはじめると、偉人たちから手紙が定期的に届くというサービス「Letterjoy」。書き手は、リンカーンやアインシュタイン、ナイチンゲールなどすでに亡く...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
Cameoはシカゴで設立されたスタートアップです。お客さんはお金を払って、芸能人からビデオメッセージを貰います。
緑色の地にドロップの図柄の缶で知られる「サクマドロップス」のデザインが“缶”燥機になってしまった「フレディ サクマドロップス」が現在発売中。
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
インドネシアの富裕層の間で、花束に紙幣を混ぜたり、お札で花をかたどった「Money Bouquet」が人気急上昇。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
イングランド銀行は、イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に暗号解読者のアラン・チューリングを選定。新50ポンド札は、2021年末までに流通する予定だ。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
ロンドンで生まれた「Death Cafe(デスカフェ)」という文化は、知らない誰かとケーキを食べたりお茶を飲みながら、誰もが迎える人生の最期の時「死」につ...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
クラフト・ハインツの「Mayochup」が、アメリカに続いてカナダにも登場。でも、一部の人たちの間で“笑われ者”になっているのだとか……。というのも、商品...
かつて下痢に悩まされた偉人たちが空想上の国際会議を開き、自らの経験を踏まえて現代人を下痢の苦しみから救うという大幸薬品のキャンペーン「Gサミット」で当たる...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...
持ち歩けるクルマ「WALKCAR」の日本国内の先行販売が、6月9日にスタート。