【スタートレック】あのスポック船長が、カナダの5ドル紙幣となって甦る!?

2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き換えようという呼びかけがカナダを中心に広がりを見せている。

 

 

この突然のムーブメント、芸術家団体(カナディアン・デザイン・リソース)が、「尊敬の念を込めて落書きしよう」と呼びかけたのが事の始まり。

現在、5ドル紙幣の肖像画はカナダの第7代連邦首相、ウィルフリッド・ローリエが務めている。どことなく似ていたふたり。髪型と眉を描き加えるだけで、まさにスポック船長そのものに!

あれよあれよという間に5ドル紙幣のスポック化(Spockingと呼ばれている)が進み、SNS上では独特のバルカンカットと尖ったモミアゲ姿が続々、登場した。


事態を重く見たカナダ銀行は、直ちに「Spocking」を中止するようファンたちに向けて異例の声明を発表した。

「紙幣への落書きは違法ではないものの、カナダの象徴であり国の誇りである銀行券上への落書きは看過し難い」と、至ってお固い対応だ。

これに対し、芸術団体の1人でもあるカルガリーのアーティストTom Bagley氏は、「数字さえ見えていればお金はお金だよ、数えられるんだし。スパゲッティソースがお札に飛び散ったってレストランではきちんと受け取ってくれるだろ?」、こちらはユーモアたっぷりに語ったという。

とにもかくにも、偉大な名優の死を惜しむ人々のリスペクトはしばらく終わりそうにない。

Reference:DANGEROUS  MINDS

 

アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
お金の夢を見ると、金銭面で何かあるのではないかと思いがちです。しかし、どちらかというと価値観や愛情、時間などを示すケースが多いです。また、お金の夢には逆夢...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
この「江戸ガラス」は、ゼロからモノを生み出すことが好きな、山田孝之と山口友敬がプロデュースするブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」の第1弾。工場探...