あの「持ち運べるクルマ」が、ついに国内販売スタート!

以前に『TABI LABO』でも取り上げ、大きな反響があった“持ち歩けるクルマ”「WALKCAR」

2016年の製品発表​以来、世界中から期待を集め続けてきたプロダクトの日本国内での先行販売が6月9日にスタートした!

初見の人は、間違いなくそのコンパクトさに驚くはずだ。

©ココアモーターズ株式会社
©ココアモーターズ株式会社

13インチノートPCと同等サイズで、重さ2.9kg。バッグに入れて持ち運べる。

重心移動を基本とした直感的なハンズフリー操作で、加速・減速・曲がるを実現。降りると足元で自動停止する安全設計。地面からわずか74mmの車高、四面フラットな搭乗面は、とっさの場面でも前後左右に安全に降りやすい。

「ゼロ戦の主翼」にも採用された超超ジュラルミン素材が、四輪独立サスペンションに必要な強度も担保。5年をかけて開発した専用モーターは、最高時速16km/h、勾配10度の上り坂走行をも可能にするとういう。

気になる価格は19万8000円(税別)。

残念ながら日本国内における公道走行が許可されていない事実を「なんだ使えないのか」と吐き捨てるのは簡単。

そうではなく、「歩く」か「WALKCAR」か、いつでも選択できるようになる。そんな既存の交通インフラに依存しない新しい未来への希望を持ちたいところだ。

©ココアモーターズ株式会社
©ココアモーターズ株式会社
© COCOA MOTORS./YouTube

『WALKCAR』

【公式ホームページ】https://www.cocoamotors.com/

Top image: © ココアモーターズ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今月3日(木)に、日本政府が2030年代半ばにはガソリン車の販売を事実上禁止する方向で最終調整に入ったと報じられた。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。