あの「持ち運べるクルマ」が、ついに国内販売スタート!

以前に『TABI LABO』でも取り上げ、大きな反響があった“持ち歩けるクルマ”「WALKCAR」

2016年の製品発表​以来、世界中から期待を集め続けてきたプロダクトの日本国内での先行販売が6月9日にスタートした!

初見の人は、間違いなくそのコンパクトさに驚くはずだ。

©ココアモーターズ株式会社
©ココアモーターズ株式会社

13インチノートPCと同等サイズで、重さ2.9kg。バッグに入れて持ち運べる。

重心移動を基本とした直感的なハンズフリー操作で、加速・減速・曲がるを実現。降りると足元で自動停止する安全設計。地面からわずか74mmの車高、四面フラットな搭乗面は、とっさの場面でも前後左右に安全に降りやすい。

「ゼロ戦の主翼」にも採用された超超ジュラルミン素材が、四輪独立サスペンションに必要な強度も担保。5年をかけて開発した専用モーターは、最高時速16km/h、勾配10度の上り坂走行をも可能にするとういう。

気になる価格は19万8000円(税別)。

残念ながら日本国内における公道走行が許可されていない事実を「なんだ使えないのか」と吐き捨てるのは簡単。

そうではなく、「歩く」か「WALKCAR」か、いつでも選択できるようになる。そんな既存の交通インフラに依存しない新しい未来への希望を持ちたいところだ。

©ココアモーターズ株式会社
©ココアモーターズ株式会社
© COCOA MOTORS./YouTube

『WALKCAR』

【公式ホームページ】https://www.cocoamotors.com/

Top image: © ココアモーターズ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
0円で最大3泊4日までクルマのある生活を体験できるサービス「0円マイカー・トライアル」が3月26日からスタート。5月15日まで期間限定店舗「マイカー・トラ...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
アダルトグッズで有名なあの「TENGA」からワークアウトグッズが登場した。マスターベーションしながらにして筋トレができてしまうステンレス製のダンベルだ。
日本が誇る文化「抹茶」を新たな方法で世界に広めようとしている「World Matcha Inc.」は、自宅で気軽に抹茶を楽しめるガジェット「Cuzen M...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...