ハワイ「日焼け止めの使用制限法」スタート

次回、ハワイを訪れる日がきたときは、ぜひ日焼け止めクリームを気に留めてみてほしい。

というのも、ハワイのサンゴ礁を保護する目的から、2021年1月1日より、サンゴの白化現象に深く影響を与えるとされる成分が配合されている製品の販売を制限する法律が本格施行となったから。

言わずもがな、ハワイの日差しは強烈。日焼け止めが欠かせないわけだが、その日焼け止めの一部がサンゴ礁に危害を加えているという。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)によるとハワイ島で56%マウイ島で44%オアフ島で32%のサンゴ礁が白化し、すでに死滅。その原因の一つが日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤のオキシベンゾンやオクチノキサートであると指摘されてきた。

このことから、ハワイ州観光局も「サンゴ礁にやさしい日焼け止めを」と呼びかけたり、「Reef Safe」とパッケージに記載された製品を州内で販売するなど、手を尽くしてきた。

だが、止まらないサンゴの白化に待ったなし。そこで、1日より前述の2つの有害成分が配合された日焼け止めクリームの発売が制限されることになっというわけ。

ちなみに、入国の際に没収されるようなことはないが、ビーチで日焼け止めを使用する際、日本から持ち込んだ商品なら、ちょっと気にしてみて欲しい。キレイなハワイの海を守るため。

Top image: © iStock.com/johnandersonphoto
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事