サンゴ礁のため、世界で初めて「国をあげて」日焼け止め禁止にするパラオ

太平洋の島国パラオ。

日本から約4時間半で行けて、ターコイズブルーの海を眺められることから、最近はハネムーン先としても知名度が上がっていますよね。8月から、ワタベウェディング株式会社がウエディングフォトを目的とした「パラオフォトツアー」を展開したことなど、その人気上昇ぶりは感じられます。

さて、本題です。パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。ハワイが7月に同じような法律を施行していますが、国としては世界初。スゴい決断です。

違反者には約11万円の罰金が科せられるそうなので、もしも旅行の計画がある人はご注意を。正直、まだまだ先の話だけど、海を含めた美しい景観がパラオにとってなによりの宝であるのが伝わってきますね。

Top image: © iStock.com/Norimoto
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
日差しが強くなっていくこれから、手放せないのが日焼け止め。SPFが高くても、きちんと塗れていなければ、なかなか効果が得られませんよね。そこで役立つのが「S...
いま、世界中の海でサンゴ礁の白化現象が懸念されている。海水温の上昇が引き起こすサンゴの死滅は、太平洋を西へ西へと移動中。モルディブやパラオなどダイビングの...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...