生理に関する「世界の取り組み」まとめ

・靴の中敷
・新聞紙
・靴下

これらは驚くべきことに「生理用ナプキン」の代わりとして生理用品を購入できない人が実際に使っているものたちだ。しかも発展途上国だけではなく、アメリカ、イギリス、韓国でさえも。

経済的な理由で生理用品が買えない「生理の貧困(Period Poverty)」という言葉は海外で深刻な社会問題として取り上げられ、ここ数年の間に多くの国で無償で提供する法改正軽減税率などの取り組みが始まっている。

【ソウル】10代の少女にナプキンを無償で支給

2019年11月29日、韓国のソウル市議会は市内に住む18歳までの全ての少女生理用ナプキンを無償で支給する条例を可決した。ソウルは2016年より貧困層の満11〜18歳の少女にナプキンの支給を補助してきたが、今回の改定により家庭の経済状況に関わらず、市内に住む全ての18歳以下、約32万5000人が対象となった。韓国では2016年にナプキンの価格が高騰し、ナプキンが買えず靴の中敷を代わりに使う「生理の貧困」と呼ばれる社会問題が浮き彫りになったことがきっかけで法整備が進み始めた。続きを読む>>>

世界各国の生理の貧困問題への取り組み
©iStock.com/LightFieldStudios

【ボストン】公立学校で生理用品を無償配布

アメリカ、マサチューセッツ州のボストン市2019年の秋から市内の77の公立学校生理用品を無償で配布している。アメリカで最も早く対応したニューヨーク州は2016年から生理用品は非課税になっており、2018年には公立学校での生理用品を無償で提供している。まだ州や市内、公立学校などの縛りはあるが、彼らの政策がアメリカの他の州を動かす大きな役割となっている。続きを読む>>>

【イギリス】女子学生に無償配布を決定

イギリスの「生理の貧困」は1人のティーンエイジャーによって大きな注目を集め、デモや嘆願書によりイギリス政府を動かし、2019年9月女子学生(11歳〜18歳)に対して生理用品を無償配布することが決まった。2020年3月にはもともと軽減税率の対象であった生理用品から課税を撤廃されたほか、ウェールズやスコットランドなど各地域でも無償配布などの法案が可決されている。続きを読む>>>

スコットランドの生理の貧困への取り組み

【スコットランド】必要とするすべての人に無償配布

イギリスを構成する国の1つであるスコットランド自治政府は、「生理の貧困」に対して早くから対策を打ち出しており、2017年7月には低所得の女性に対して生理用品を無償で配布する取り組みを開始した。2020年2月には世界で初めて生理用品を必要とするすべての人が無償で生理用品を購入できるように自治政府が義務付けられる法案が可決された。反対票を入れた議員は1人もいないという。続きを読む>>>

 

【企業の取り組み】生理用品を提供するスタートアップ

生理用品を無償で提供するサービスAunt Flow
©2019 Claire Coder / Aunt Flow

アメリカ・オハイオ州のスタートアップ企業「Aunt Flow」は、企業や大学などに100%オーガニックコットンの生理用品を提供するサービスを展開している。創業者のClaire Coderは「トイレットペーパーは会社から無償で提供されるのになぜ生理用品は提供されないのか?」という疑問を持ち、生理用品を手に入れるのに格差があってはいけないというミッションを掲げて会社を設立。今ではアメリカ全土で500以上の会社に導入されている。続きを読む>>>

日本では女子大生が署名活動中
「生理用品を軽減税率の対象に!」

「日本で生理用品を軽減税率の対象に」署名活動中
©iStock.com/LightFieldStudios

イギリスではもともと軽減税率の対象であったが非課税になり、インドでは2018年から、オーストラリアでは2019年から生理用品の課税が撤廃されるなどこの問題に対する動きは活発化を見せているなか、日本は目立った議論すらされておらずもどかしさを感じざるを得ない。しかし、この現状に声をあげた大学生もいる。谷口歩実さんはオンライン署名サイトにて「生理用品を軽減税率対象にしてください!」と署名活動を行ない、賛同者を多く集めている。まずは彼女の声明を読むことから始めてみてほしい。続きを読む>>>

Top image: © July Prokopiv/Shutterstock.com
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...