生理の貧困

英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
「ほぼ日」から、生理の日を気分よく過ごすためのアイデアがたっぷり詰め込まれた新ブランド「つきのみせ。」がデビュー。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
嘘みたいな本当のハナシ。“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
「Gap」が、不要になった⾐服を回収し、貧困に苦しむ⼈々を⽀援するリサイクルプロジェクトを3月1日〜5⽉31⽇、全国のGapストアにて実施。
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...