ボストンの公立学校で生理用品を無料配布

欧米では「Period Poverty(生理の貧困)」をなくそうと、たくさんの人たちが尽力しています。負担になることなく誰でも生理用品を使えるようになるべきだ、と考えているんです。

これを後押しするような施策が、ボストンで行われることになりました。2019年の秋から、77の公立学校で生理用品が無料配布されます。

ボストン市長Martin J. Walsh氏は、「これは学校と若い世代における公平性がテーマの取り組みです」とコメント。

彼らが目指しているのは、誰もがハッピーになれる社会です。

Top image: © MasAnyanka/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
スコットランドの地方自治体で、生理用品の無償提供を義務付ける法案が、11月24日、議会にて満場一致で可決された。今ここに「生理用品が無料で手に入る最初の政...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...