国民投票

アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
セクシーさとプリティーさを全面に出した、お互いの“勝負写真”を並べて競っている、女性には悩ましいInstagramアカウント「@babyandthebod...
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
自転車通勤の方は言うに及ばず、最近ではバックパックをビジネスで使用する人も増えてきている。とはいえ、実際にはシーンを選ばず使えるブツが結構少ないのもまた事...
インドと中国の間にあるブータン。経済的には決して豊かとは言えない国ですが、2005年の国勢調査では国民の97%が「私は幸せである」と答えています。現在、東...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。