【全12問】このアート作品のもとになった「国民的ダジャレ」は?

ダジャレでアート、DAJAART。

それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です。

ここでは、全12作品をクイズ形式で紹介。あなたは何問分かる!?

01.

これこそまさに「国民的ダジャレ」。

02.

これもよく耳にしますね。

03.

そりゃそうだ!とツッコミたくなるダジャレ。この3問は確実に正解しておきたいところ。

04.

何を待っているでしょうか?

05.

あれ、興味ない…?

06.

漏れちゃう前に。

07.

間に合わず。

08.

そんなところで?

09.

これは寂しい…。

10.

ドヤ顔に注目。

11.

10.と似ていますが、違うダジャレ。首の角度のわずかな差がミソですかね。

12.

美しい花びらがそうさせたのでしょう。

正解はこちら!

01.布団が吹っ飛んだ
02.アルミ缶の上にあるミカン
03.電話に誰もでんわ
04.車が来るまで
05.サイを見てください
06.トイレに行っといれ
07.チビがちびった
08.タイヤで暮らしたいや
09.墓地でひとりぼっち
10.コーディネートはこーでねーと
11.この衣装いいっしょ?
12.桜の下で錯乱

さて、あなたは何問正解?

ちなみにこの「DAJAART」初の展示会が、4月29日(金)まで原宿で開催中。面白い!と思った人は、ぜひ会場へ行ってみて!

Licensed material used with permission by DAJAART
他の記事を見る
言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現し、新たな世界観を提示する。そんな斬新な試みで話題を呼んだ「DAJAART」に、待望の新作が登場。世間的にはダ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
美術館にあるアートは触らないのが原則です。ほとんどの場合、ちゃんと「触らないでください」というサインも用意されています。そんなダメだと言われていることをや...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...