交渉力を今すぐ上げる「6つの方法」

日本でも大ヒットした書籍『影響力の武器』。この著者であるロバート・B・チャルディーニ教授と対談しながら、交渉する上で大切なスキルをまとめたVal Wright氏。
自身も会社を経営している彼女が、米メディア「Inc.」にまとめたその方法論を紹介していきましょう。

01.
自分のことを
頭がいいと思わない

145308610 (1)

もし自分が一番頭がキレている思っていたら、他人のことをバカにしてしまうかもしれません。
どうせ的外れだと思うのではなく、人の意見には耳を傾けましょう。他人の視点や考えを知るチャンスでもあります。

02.
何をすべきか分かっていても
意見を聞く

332288498

リーダーになると、助言を求めない人が増えがち。ですが、何をすべきか分かっていたとしても、他人の意見は聞くように。
これは共感を得るためだけではなく、さまざまなアイデアを知ることにも繋がります。たくさんの考えを元に、自分が進むべき道を決めるのです。

03.
助けを求めずに
アドバイスを求める

86796391 (1)

協力をお願いするよりも、アドバイスを求めましょう。実際、その方が力になりたくなるもの。相手は嬉しい気持ちになり、さらに親身になってくれるはず。

04.
分かりやすく
明快なメッセージを伝える

_274821560

従業員や投資家、または顧客など、どんな人と話す時にも効果的なコミュニケーションツール。それは、繰り返しやすく覚えやすいメッセージをつくること。
例えば、「急成長するためには、3つのビジネスモデルが必要。それは、1.○○、2.○○…」と言ったように。分かりやすく簡潔な方が、より説得力が増します。

05.
「500万回、10万人」など
具体的な数字を使う

194848121

例えば、「この動画はたくさん見られています」というより、「再生回数が、500万回以上を超えるほど話題沸騰」と言った方が、より説得力が増します。
実際、チャルディーニ教授は本の売り上げが50万部を超えたら、数字入りのブックカバーに変えていたそう。人は、他人が好きなものを求める傾向にあるのです。

06.
説得する前に
相手をある状況に追い込む

329433761

チャルディーニ教授が、人を説得する上で大切にしていたこと。それは、決断を促す前に事前に相手をある状況に追い込むことです。これを彼は、前説得と呼んでいます。
何かを頼む前に、そうせざるを得ない状況を作ることで、自分の要求を聞いてもらいやすくなるのです。これは資金援助を受ける時でも、会議で話を進める時でも有効。

Licensed material used with permission by Inc / Val Wright's twitter / Inc's twitter

ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。でも「Make It Cheaper」の記事を参考...
ベンチャー起業家は投資家への交渉にエレベーターを使っていた。扉が閉まり、もう一度開くまでの約10秒間でアイデアを売り込む。シリコンバレーでは「エレベーター...
自分の生き方や仕事のやり方に迷いを感じる時。ビジネスの世界で成功している人たちの言葉が、支えとなることも多いのではないでしょうか。ビジネス系メディア「En...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
怒号が飛び交ったかと思ったら、水を打ったように静まり返る。そして、同じ議論が堂々巡りしている…。そんな気まずい会議を経験したこと、ありませんか?Emma ...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
世界中のCEOのなかでトップクラスの評価を得ている、『LinkedIn』のJeff Weiner。どうしてこんなにも人望が集まるのか。「Inc.com」の...
シアトルに拠点を構える広告代理店の創業者にしてCEO、Jayson DeMers氏が、成功するために20代のうちに知っておくべきコトを「Inc.com」に...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
普段通り生活していたって、誰にでもピンチは訪れる。ビジネスの場であったり、恋人とのケンカであったり、状況は様々だろうが、そんな場面では「言い換え術」がもの...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...