血糖値をコントロールすれば仕事のパフォーマンスがアップする!?

ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いのではないでしょうか。暴飲暴食は良いことではないと分かっていても、なかなかやめられるものではないですよね。

医学博士・石川善樹さん著の『疲れない脳をつくる生活習慣 働く人のためのマインドフルネス講座』を開いてみると、血糖値をコントロールすることで、ストレスはかるくなり、仕事のパフォーマンスも上がると紹介されています。血糖値のコントロールとは、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか。

やっぱり毎日の食事が大切。

C75a2b6fef4f36ac03083296694d0bd7fc995252

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の量のこと。脳はブドウ糖をもっとも必要とするため、仕事のパフォーマンスを高く維持していくには、血糖値のコントロールが必要不可欠です。

血糖値は食事をとることで上がっていきますので、朝・昼・晩の3食をきちんと食べれば、一定の数値で推移していきます。きちんと食べると言っても、お腹がすいた状態で食べてしまうと、血糖値は急に上がってしまい、インスリンが大量に分泌されてしまいます。インスリンが大量に分泌されるとおのずと血糖値は急に下がってしまい、結果としてイライラし、集中力が低下して眠くなってしまうため、注意が必要です。

食事をとるタイミング

血糖値をコントロールするには、食事をとるタイミングが重要になります。たとえば、朝ご飯を7時に食べ、昼ご飯を12時に食べると、その間は5時間空きます。これだけ空いてしまうと、血糖値の変動が大きくなり、午後になって血糖値が急降下し、眠くなったり、ボーッとしてしまうのです。

そうならないためにも、間食を含めて3~4時間おきに食べ物を摂取すれば、血糖値が一定になります。人それぞれ、身体のつくりが異なるので、必ずしもそうとは言い切れませんが、脳の疲れを防ぐために、食事の間隔をあまり空けすぎないことを心がけてみてはいかがでしょうか。

起きてからすぐに
気をつけたいこと

Ac5eb48b136d9bbf9c58917336608a6c0ff2aea6

朝は「太陽・タンパク質・炭水化物」の3つの「た」からスタートするように心がけましょう。体内時計を正しくととのえるためには、起床から1時間以内に太陽の光を浴びて、朝食をとることが大切です。

朝食では、パンと目玉焼き、ご飯と納豆、卵かけご飯など、炭水化物とタンパク質を一緒に、バランス良くいただきましょう。炭水化物だけでなく、タンパク質もとると、空腹感が抑制され、脳が覚醒され、エネルギーが補給されます。1日全体で摂取するカロリー量も少なくなるため、ダイエットに効果的です。

忙しいビジネスマンを見ると、トーストだけを食べて出社する人が少なくありませんが、午前中の仕事力を高めるには、タンパク質と炭水化物をセットで食べることはとても大切なことなのです。

お昼と夜に
気をつけたいこと

Af37929171f686b86c991d0cf17534bbad5135be

昼食・夕食では、食物繊維、タンパク質、炭水化物をバランス良く食べることが大切です。

特に夕食は、質の高い睡眠を準備するための食事でもあるので、ベッドに入る2~4時間前には済ませて、できるだけ胃を休めることを意識することが大切です。眠る直前まで食事をしていると、睡眠中に胃や腸が働いてしまうため、疲れがとれにくくなるのです。

もう一点、夕食の際、とくに大切なことは、時間をかけてゆっくりと味わうことです。具体的には、食べ物を口に入れたら、20~30回は噛むようにすること。また、一口食べたら、箸やフォークを置いてみるのも効果的です。こうすることで、消化の効率がよくなり、多くのエネルギーを蓄積できるようになります。

これらは日々の食事でも実践できることです。一品一品の料理に時間をかけて味わって食べることは、健康によいだけでなく、集中力を高め、感覚を磨くことにも効果を発揮します。

これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
上司、先輩、後輩、同僚、誰でもいいけれど、周囲にひとりは常に高いパフォーマンスを発揮している人がいませんか?記事内では、彼らが何を習慣にして、心がけている...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
「skillshare」が監修した、世界の人々のさまざまな平均値を「AsapSCIENCE」が動画で紹介しています。自分は平均的?それとも、それ以上?
ビジナスパーソンには、どうしても「成果」という命題がのしかかります。週末の休日中にも仕事のことが頭から離れず、家族との時間がおろそかな人もいるでしょう。で...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
愛知県大府市にある『PÂTISSERIE mimi(パティスリーミミ)』の「CRAFT CHOCOLATE ガーナ産 in パラチノース」です。少量生産で...
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...