「朝9時に仕事を終える」。超がつくほど朝型ライフのススメ

あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

一般的な9時〜17時の勤務時間も、けっして悪くはありません。しかしこれは肉体労働の場合であって、頭を使うデスクワークに関しては、もっと良い勤務時間がある、とInc.」のライター、ベンジャミン・ハーディ氏。早朝に集中して働くことで、週20時間も仕事の時間を減らすことに成功したそうです。

ルクセンブルクの
短い労働時間

502807c0ce1b913d8bf53dd7bd03a6e4345814c1

国民ひとりあたりのGDPがもっとも高い国は、ルクセンブルクです。小さな国なので、国全体のGDPは大したことではないのですが、ひとりあたりのGDPランキングでは、1992年〜2015年まで、つねに世界一の座を守り続けています。

そんなルクセンブルクは、週30時間(1日6時間、週5日)という労働時間が一般的。なぜこれほど短い労働時間で、高いGDPを保つことができるのでしょうか?

「量より質」を
どうやって実現するか

5e1072fc0437868967e325e9150abebc25fc6198

ほとんどの人は、勤務時間8時間の間にSNSを見たり、メールチェックをして、気晴らしをしながら仕事をしています。こればかりになると、とても非効率的です。しかし8時間ずっと集中して仕事ができる人も少ないでしょう。

たとえばトレーニングの世界では、短い時間に集中して運動し、しっかり休憩を取る「インターバル・トレーニング」が効率的であることが証明されています。これと同じことが仕事でも言えるのではないでしょうか。3時間集中して働き、しっかり休憩を取ることで、効率よく仕事を進めることができるのです。

仕事をしているときは100%集中する。それ以外のときは休む。何よりもメリハリをつけることがクリエイティブな仕事ができる秘訣です。

「朝起きてからの3時間」は
心理学的にも有効

1181faade127fed61ddc379963dc2d99edc28499

心理学者のロン・フリードマンはこう語ります。

「朝起きてからの3時間が、人がもっとも集中して活動できる時間です。そして、人が集中できる時間の限度も“3時間”なのです」

人は眠っている間に潜在意識の中で物事を整理していて、起きた直後は頭の中が一番クリアな状態になっているとも言われています。

また、寝起き直後はもっとも意志の力が強く、セルフコントロールができるそうです。長い一日を過ごす間、この力はだんだんと疲弊していき、夜になると衰えてしまいます。

朝食のタンパク質と
食物繊維でブースト

A1117e3dc6e87def4e47baf11b1198aa59a4d4a2

私の朝のプランを紹介しましょう。

・朝5時に起きて車で出勤
・歩いて書斎に行きます
・30グラムのプロテインを混ぜた250kcalの食物繊維を摂る
・朝食のあとに数分間の瞑想
・研究の論文を書き始める

食物繊維はプロテインの消化・吸収を遅らせ、長時間にわたって血中にアミノ酸が行き渡るようにする効果があります。また、瞑想の目的はその日にやる仕事や連絡する人を整理したり、思いついたアイデアを書き留めることです。それが終わると、だいたい5時30分くらい。このやり方を始めたら、驚くほど簡単に「2.5時間」ほど集中し続けることができたのです。

9時には仕事を終え、午前中いっぱい休憩を取ります。午後は必要に応じて仕事をしたり、他の作業に取り掛かります。

大事な仕事は
「はじめの90分」に済ませる

B2927d519ed9aeed73ba367373e4c92e6be9dadc

もちろん、誰もがこんな時間に働くことができるとは思いません。たとえば、小さいお子さんを持つ人には、かなり難しいでしょう。

もし今のあなたの生活時間帯がベストであるなら、無理をしてこの特殊な働き方に合わせる必要はありません。無理な早起きは午後のパフォーマンスに悪影響を及ぼすこともあるからです。

その場合、とくに仕事始めの90分間にもっとも大事な仕事をするようにしましょう。その間はしっかり集中し、SNSやメールのチェックは控えます。

そしてその時間にしっかりと大事な仕事を終わらすために、会議の予定などはすべて午後に組むようにするといいでしょう。

Licensed material used with permission by Benjyamin P. Hardy
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
これで朝の習慣が変わるなら…。
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
独断と偏見でピックアップしました。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
忙しいと、なかなか食べるものにまで気がまわらない事がしばしば。しかし、ランチや軽食をプランニングし、加えて体をほぐすことをすれば、1日集中力を切らさずに仕...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...